ボリュームは、インスタンスに接続して恒久的ストレージを有効にするブロック ストレージ デバイスです。

前提条件

ボリュームのイメージをアップロードします。Image Service のイメージの管理を参照してください。

手順

  1. VMware Integrated OpenStack ダッシュボードにログインします。
  2. タイトル バーのドロップダウン メニューからプロジェクトを選択します。
  3. [プロジェクト] > [コンピューティング] > [ボリューム] を選択します。
    [ボリュームとスナップショット] ページに、現在構成されているボリュームのうち、現在のユーザーが使用できるボリュームが表示されます。
  4. [ボリュームの作成] をクリックします。
  5. ボリュームを作成します。
    オプション 説明
    ボリューム名 新しいボリュームの名前を入力します。
    説明 (オプション)新しいボリュームの説明を入力します。
    タイプ 空白のままにします。
    サイズ ボリュームのサイズを入力します。
  6. ボリュームのソースを指定します。
    オプション 説明
    ソースなし、空ボリューム

    空ボリュームを作成します。空ボリュームには、ファイル システムやパーティション テーブルは含まれません。

    スナップショット

    スナップショットからボリュームを作成します。このオプションを選択した場合、[スナップショットをソースとして使用する] フィールドが表示されます。リストからスナップショットを選択します。スナップショットまたはボリュームが存在する場合のみ、ボリュームのソースとしてスナップショットまたはボリュームを使用するためのオプションが表示されます。

    イメージ

    イメージからボリュームを作成するには、このオプションを選択します。このオプションを選択した場合、[イメージをソースとして使用する] フィールドが表示されます。リストからイメージを選択します。

    可用性ゾーン リストから可用性ゾーンを選択します。デフォルトでは、この値はクラウド プロバイダによって指定される可用性ゾーンに設定されます(us-west または apac-south など)。デフォルトを nova とすることもできます。
    ボリューム

    既存のボリュームからボリュームを作成します。このオプションを選択した場合、[ボリュームをソースとして使用する] フィールドが表示されます。リストからボリュームを選択できます。スナップショットまたはボリュームが存在する場合のみ、ボリュームのソースとしてスナップショットまたはボリュームを使用するためのオプションが表示されます。

  7. ページの下部にある [ボリュームの作成] をクリックします。
    [ボリュームとスナップショット] ページが再度表示され、テーブルに新しいボリュームが表示されます。