glance-import ツールを使用すると、RAW、QCOW2、VDI、および VHD ソース イメージを VMDK 形式に変換できます。

また、必要に応じてこの手順を使用して、イメージをサポートされる OVA および VMDK 形式でインポートすることもできます。

手順

  1. OpenStack 管理サーバviouser としてログインします。
  2. コントローラ ノードに viouser としてログインします。
  3. ユーザー アカウントの認証情報ファイルをロードします。
    source user-credentials.rc
  4. イメージをインポートします。
    glance-import import --name image-name --url image-url --image-format format

    パラメータ

    説明

    --name

    イメージ サービス内のイメージ ファイルの名前を入力します。

    --url

    ソース イメージが置かれている URL を入力します。

    --image-format

    ソース イメージ ファイルの形式を指定します。非 VMDK のイメージは自動的に VMDK 形式に変換されます。

    次の形式を使用できます。

    • VMDK

    • OVA

    • RAW

    • QCOW2

    • VDI

    • VHD

    タスクの情報とステータスが表示されます。イメージが大きいと、インポートに時間がかかる場合があります。次のコマンドを実行して、インポート タスクのステータスを確認することができます。

    glance task-show task-id

次のタスク

インポートしたイメージを使用して OpenStack インスタンスを起動できます。イメージからの OpenStack インスタンスの開始を参照してください。glance image-list コマンドを実行して、プロジェクト内のすべてのイメージを表示することもできます。