ボリュームタイプの追加仕様は、Cinder ボリュームをの詳細設定に使用されます。VMware Integrated OpenStack はボリュームタイプの追加仕様を通して追加機能を公開します。

表 1. VMware Integrated OpenStack のボリューム タイプの追加仕様

追加仕様

説明

vmware:vmdk_type

vSphere の Cinder ボリュームのプロビジョニング形式を指定します。次の形式を指定できます。

  • シン プロビジョニング:thin

  • シック プロビジョニング (Lazy Zeroed):thick

  • シック プロビジョニング (Eager Zeroed):eagerZeroedThick

vmware:clone_type

クローン タイプを指定します。次のタイプを指定できます。

  • 完全クローン:full

  • リンク クローン:linked

vmware:storage_profile

新しいボリュームに使用するストレージ ポリシーの名前を入力します。

vmware:adapter_type

ボリュームの接続に使用されるアダプタ タイプを指定します。次のタイプを指定できます。

  • IDE:ide

  • LSI Logic:lsiLogic

  • LSI Logic SAS:lsiLogicsas

  • BusLogic Parallel:busLogic

  • VMware 準仮想化 SCSI:paraVirtual