NSX Data Center for vSphere を使用して追加の Neutron アベイラビリティ ゾーンを作成するには、VMware Integrated OpenStack の設定を更新します。

前提条件

  • 新しいアベイラビリティ ゾーンの Edge クラスタを作成します。

  • 新しい Edge クラスタにリソース プールを作成します。

  • 適切な Distributed Switch を使用するよう新しい Edge クラスタを構成します。必要に応じて、ゾーンの新しい Distributed Switch を作成できます。

  • NSX Data Center for vSphere で、新しい Edge クラスタが含まれている転送ゾーンを作成します。

手順

  1. OpenStack 管理サーバviouser としてログインします。
  2. デプロイで custom.yml ファイルを使用していない場合は、テンプレート custom.yml ファイルを /opt/vmware/vio/custom ディレクトリにコピーします。
    sudo mkdir -p /opt/vmware/vio/custom
    sudo cp /var/lib/vio/ansible/custom/custom.yml.sample /opt/vmware/vio/custom/custom.yml
  3. テキスト エディタで /opt/vmware/vio/custom/custom.yml ファイルを開きます。
  4. nsxv_availability_zones パラメータのコメントを解除し、その値として、作成するアベイラビリティ ゾーンの名前を設定します。

    このパラメータの値には、複数のアベイラビリティ ゾーンを含めることができます。複数の名前をカンマ (,) で区切ります。

  5. nsxv_availability_zones_detail パラメータのコメントを解除し、新しいアベイラビリティ ゾーン用にそのパラメータを設定します。

    オプション

    説明

    zone_name

    設定するアベイラビリティ ゾーンの名前を入力します。

    resource_pool_id

    新しいアベイラビリティ ゾーン用に作成したリソース プールの管理対象オブジェクト ID (MOID) を入力します。

    datastore_id

    新しいアベイラビリティ ゾーンに対して使用するデータストアの MOID を入力します。

    edge_ha

    Edge ノードの高可用性を有効にする場合は True、無効にする場合は False を入力します。

    ha_datastore_id

    Edge ノードの高可用性のために使用するデータストアの MOID を入力します。

    edge_haFalse に設定する場合は、ha_datastore_id パラメータに値を指定しないでください。

    external_network

    新しいアベイラビリティ ゾーンの Distributed Switch 上の外部ネットワーク ポート グループの MOID を入力します。

    vdn_scope_id

    新しいアベイラビリティ ゾーン用に作成した転送ゾーンの MOID を入力します。

    mgt_net_id

    デプロイの管理ネットワークの MOID を入力します。

    mgt_net_proxy_ips

    デプロイのメタデータ プロキシ サーバの IP アドレスを入力します。

    dvs_id

    新しいアベイラビリティ ゾーンの Distributed Switch の MOID を入力します。

    設定した各アベイラビリティ ゾーンの上記のパラメータのコピーを必ず 1 つ作成します。

  6. 更新された設定をデプロイします。
    sudo viocli deployment configure

    設定をデプロイすると、OpenStack サービスが一時的に中断されます。

次のタスク

ネットワークのアベイラビリティ ゾーンを指定するには、ネットワークを作成するときに、--availability-zone-hintaz-name パラメータを指定します。