ボリューム タイプを作成して、1 つ以上のテナントに公開し、ボリュームの作成に使用できます。ボリューム タイプでは、ボリュームの暗号化、対応する vSphere ストレージ プロファイル、およびデフォルトのアダプタ タイプの設定を定義できます。

手順

  1. VMware Integrated OpenStack ダッシュボードにクラウド管理者としてログインします。
  2. タイトル バーのドロップダウン メニューから [管理] プロジェクトを選択します。
  3. [管理] > [ボリューム] > [ボリューム タイプ] の順に選択して、[ボリューム タイプの作成] をクリックします。
  4. ボリューム タイプの名前と説明を入力します。
  5. ボリューム タイプを特定のプロジェクトのみ使用できるようにする場合は、[パブリック] の選択を解除します。

    ボリューム タイプを作成すると、このタイプに対するアクセス権を設定できます。

  6. [ボリューム タイプの作成] をクリックします。

    ボリューム タイプ リストに新しいボリューム タイプが表示されます。

  7. ボリューム タイプの暗号化を設定する場合は、次の手順を実行します。
    注:

    ボリューム タイプがボリュームで使用されている場合は、暗号化を追加および更新することはできません。

    1. アクション 列で [暗号化の作成] を選択します。
    2. 暗号化を次のように設定します。

      オプション

      説明

      プロバイダ

      暗号化を提供するクラスを入力します。

      制御の場所

      [フロントエンド] または [バックエンド] を選択します。

      暗号

      (オプション)暗号化アルゴリズムを入力します。

      値を入力しない場合は、指定したプロバイダのデフォルトの設定が使用されます。

      キーのサイズ(ビット)

      (オプション)暗号化キーのサイズをビット単位で入力します。

      値を入力しない場合は、指定したプロバイダのデフォルトの設定が使用されます。

    3. [ボリューム タイプの暗号化を作成] をクリックします。
  8. ボリューム タイプに vSphere ストレージ プロファイルを関連付ける場合は、次の手順を実行します。
    1. アクション 列で [追加仕様の表示] を選択します。
    2. [作成] をクリックします。
    3. キー テキスト ボックスに vmware:storage_profile と入力します。
    4. テキスト ボックスに vSphere ストレージ プロファイルの名前を入力します。
    5. [作成] をクリックします。
  9. ボリューム タイプにデフォルトのアダプタを設定する場合は、次の手順を実行します。
    1. アクション 列で [追加仕様の表示] を選択します。
    2. [作成] をクリックします。
    3. キー テキスト ボックスに vmware:adapter_type と入力します。
    4. テキスト ボックスにアダプタ タイプを入力します。

      サポートされる値は、lsiLogicbusLogiclsiLogicsasparaVirtual、および ide です。

    5. [作成] をクリックします。
  10. ボリューム タイプがパブリックでない場合は、アクション 列で [アクセス権の編集] を選択して、このボリューム タイプを使用できるプロジェクトを指定します。

    プロジェクトを指定しない場合、ボリューム タイプはクラウド管理者にのみ表示されます。

タスクの結果

テナントは、ボリュームを作成するとき、または既存のボリュームを変更するときにボリューム タイプを選択できます。指定したボリューム タイプで定義された設定が、新しいボリュームに適用されます。

次のタスク

ボリューム タイプの名前または説明を変更する場合、アクション 列で [ボリューム タイプの編集] をクリックして、必要な変更を加えます。不要なボリューム タイプを削除するには、ボリューム タイプ テーブルで削除するボリューム タイプを選択し、[ボリューム タイプの削除] をクリックします。