NSX Data Center for vSphere デプロイでは、NSX Edge ノードに対して HA を有効にして、ノードを配置するホスト グループを指定することができます。

前提条件

  • Edge クラスタに 2 つ以上のホストが設定されていることを確認します。設定されていない場合は、非アフィニティ エラーを受信する場合があります。

  • Edge ホスト グループを指定する場合は、vSphere でホスト グループを作成して設定します。

手順

  1. OpenStack 管理サーバviouser としてログインします。
  2. デプロイで custom.yml ファイルを使用していない場合は、テンプレート custom.yml ファイルを /opt/vmware/vio/custom ディレクトリにコピーします。
    sudo mkdir -p /opt/vmware/vio/custom
    sudo cp /var/lib/vio/ansible/custom/custom.yml.sample /opt/vmware/vio/custom/custom.yml
  3. テキスト エディタで /opt/vmware/vio/custom/custom.yml ファイルを開きます。
  4. nsxv_edge_ha パラメータのコメントを解除し、その値を True に設定します。
  5. Edge ホスト グループを使用する場合は、nsxv_edge_host_groups パラメータをコメント解除し、作成した 2 つの Edge ホスト グループに値をカンマ区切りで設定します。
  6. 更新された設定をデプロイします。
    sudo viocli deployment configure

    設定をデプロイすると、OpenStack サービスが一時的に中断されます。

  7. コントローラ ノードに viouser としてログインします。
  8. ホスト グループを指定した場合は、このホスト グループが含まれるように環境を更新します。
    sudo -u neutron nsxadmin -o nsx-update -r edges --property hostgroup=all
  9. 環境に NSX Edge ノードがすでに含まれている場合は、これらのノード上で HA を有効にして、これらのノードを指定したホスト グループに移行します。
    1. 既存の各 NSX Edge ノードで HA を有効にします。
      sudo -u neutron nsxadmin -r edges -o nsx-update --property highAvailability=True --property edge-id=edge-node-id

      NSX Edge ノードの ID を検索するには、sudo -u neutron nsxadmin -r edges -o nsx-list コマンドを実行します。

    2. 指定したホスト グループに、既存のすべての Edge ノードを移行します。
      sudo -u neutron nsxadmin -r edges -o nsx-update --property hostgroup=all

      特定の Edge ノードのみを移行する場合は、次のコマンドを使用します。

      sudo -u neutron nsxadmin -o nsx-update -r edges -p edge-id=edge-node-id -p hostgroup=True

タスクの結果

目的のノードで Edge HA が有効になりました。Edge ホスト グループを指定した場合、現在および新しい Edge ノードはこのグループ内に作成されます。

次のタスク

本来の設定の後に Edge ホストグループを更新するには、custom.yml を使用します。custom.yml をデプロイした後に環境を更新するには、次のコマンドを実行します。

sudo -u neutron nsxadmin -o nsx-update -r edges --property hostgroup=clean
sudo -u neutron nsxadmin -o nsx-update -r edges --property hostgroup=all

その後、手順 9 をもう一度実行し、Edge ノードを新しいホスト グループに移行します。