小規模デプロイ モードでは、すべての OpenStack 制御プレーンおよびコンピューティング ドライバ ノードが統合されます。

小規模モードのデプロイは、1 台の ESXi ホスト上で実行され、3 台の仮想マシンが含まれます。これには、OpenStack 管理サーバ、OpenStack テンプレート、および統合制御プレーンとコンピューティング ドライバ ノードが含まれます。

小規模モードでは、同じ仮想マシンに管理クラスタとコンピューティング クラスタが含まれます。小規模モードでは単一の仮想マシンのみが含まれるので、コンピューティング クラスタを追加することはできません。

小規模モードで OpenStack をデプロイするには、VMware Integrated OpenStack API を使用する必要があります。vApp を使用したデプロイはサポートされていません。