Keystone 管理者ユーザー パスワードを更新するプロセスには、次の 2 つの手順が必要です。

注: 更新によって OpenStack Lifecycle Manager パイプラインがトリガされ、各 Helm チャートが更新されます。更新によって、OpenStack サービスが短時間中断されることがあります。

前提条件

base64 でエンコードされたパスワードを使用していることを確認します。

手順

  1. Keystone 管理者ユーザーのパスワードを変更します。
    1. VMware Integrated OpenStack ダッシュボードにログインします。
    2. [ID] > [ユーザー] の順に選択します。
    3. [アクション] 列で、[パスワードの変更] を選択します。
    OpenStack CLI を使用して、次のコマンドでパスワードを変更することもできます。
    openstack user set --password <password> admin
    パスワードを入力するのではなく、プロンプトを表示してパスワードを変更するには、次のコマンドを使用します。
    openstack user set --password-prompt admin
  2. OpenStack 名前空間で、Keystone 管理者パスワードを変更します。
    1. Integrated OpenStack Managerroot ユーザーとしてログインします。
      ssh root@mgmt-server-ip
    2. secret managedpasswords を編集します。
      osctl edit secret managedpasswords
    3. data.admin_password の値を更新します。
      apiVersion: v1
      data:
        admin_password: <new_password>
      new_password の値は、base64 でエンコードされている必要があります。
    4. デプロイのステータスを確認します。
      viocli get deployment
      デプロイのステータスは、最初は reconfiguring(再構成中)と表示されます。 running(実行中)になると、パスワードの更新が完了します。