VMware Integrated OpenStack の実行に必要な特定のハードウェアは、選択したデプロイのスケールおよびコントローラのサイズによって異なります。

Integrated OpenStack Manager には、次のハードウェア リソースが必要です。

  • 4 個の仮想 CPU
  • 16 GB のメモリ
  • 1 台の 40 GB ハード ディスクと 1 台の 30 GB ハード ディスク

非 HA デプロイには 1 ~ 10 台のコントローラが必要です。HA デプロイには 3 ~ 10 台のコントローラが必要です。サポートされているコントローラ サイズは次のとおりです。

  • 小:4 個の vCPU、16 GB のメモリ、1 台の 25 GB ハード ディスク
  • 中:8 個の vCPU、32 GB のメモリ、1 台の 50 GB ハード ディスク
  • 大:12 個の vCPU、32 GB のメモリ、1 台の 75 GB ハード ディスク
注: 小サイズは、HA デプロイでのみ使用できます。非 HA デプロイでは、中サイズまたは大サイズのコントローラを使用する必要があります。

次のパーシステント ボリュームも必要です。

  • MariaDB:1 台の 60 GB ハードディスク(非 HA デプロイの場合)または 3 台の 60 GB ハード ディスク(HA デプロイの場合)
  • RabbitMQ:1 台の 20 GB ハード ディスク(非 HA デプロイの場合)または 3 台の 20 GB ハード ディスク(HA デプロイの場合)
  • 仮想シリアル ポート コンセントレータ (VSPC):Nova コンピュート インスタンスごとに 1 台の 2 GB ハード ディスク

次の表に、一般的な構成のリソースの最小要件と最大要件を示します。

デプロイ タイプ vCPU メモリ ディスク領域(非パーシステント) ディスク領域(パーシステント)

単一ノード非 HA デプロイ(最小)

12 (4 + 8)

48 GB (16 + 32)

85 GB (30×2 + 25)

82 GB (60 + 20 + 2)

単一ノード非 HA デプロイ(最大)

16 (4 + 12)

48 GB (16 + 32)

85 GB (30×2 + 25)

82 GB (60 + 20 + 2)

3 ノード HA デプロイ(最小)

16 (4 + 4×3)

64 GB (16 + 16×3)

135 GB (30×2 + 25×3)

246 GB (60×3 + 20×3 + 2×3)

3 ノード HA デプロイ(最大)

40 (4 + 12×3)

112 GB (16 + 32×3)

135 GB (30×2 + 25×3)

246 GB (60×3 + 20×3 + 2×3)

5 ノード HA デプロイ(最小)

24 (4 + 4×5)

96 GB (16 + 16×5)

185 GB (30×2 + 25×5)

246 GB (60×3 + 20×3 + 2×3)

5 ノード HA デプロイ(最大)

64 (4 + 12×5)

176 GB (16 + 32×5)

185 GB (30×2 + 25×5)

246 GB (60×3 + 20×3 + 2×3)

注: Ceilometer を有効にする場合は、 Integrated OpenStack Manager を実行している ESXi ホストの CPU が Advanced Vector Extensions (AVX) をサポートしていることを確認します。

NSX-T Data Center または NSX Data Center for vSphere ネットワークを使用して VMware Integrated OpenStack をデプロイする場合は、追加のリソースが必要になることがあります。