障害が主要な場所で発生した場合、SRM を使用して、ターゲット ディザスタ リカバリ サイトで Nova インスタンスと Cinder ボリュームをリカバリします。

注: 接続済みステータスの Cinder ボリュームの仮想マシンをリカバリする必要はありません。

手順

  1. ターゲット サイトの Site Recovery Manager にログインします。
  2. [レプリケーション] で、仮想マシンを選択して、[リカバリ] をクリックします。
  3. [仮想マシンのリカバリ] で、[リカバリ オプション] を選択します。
    1. [最近の変更を同期] を選択します。
    2. [リカバリ後に仮想マシンをパワーオンする] を選択解除します。
    3. [次へ] をクリックします。
  4. [フォルダ] セクションで、リカバリ サイトの仮想マシンにフォルダを指定して、[次へ] をクリックします。
  5. [リソース] セクションで、リカバリ サイトの仮想マシンにリソースを指定して、[次へ] をクリックします。
    注: ターゲット クラスタには、ソース コンピューティング クラスタとの 1 対 1 のマッピングが必要です。
  6. [完了前の確認] セクションで選択した設定を確認し、[終了] をクリックします。
  7. Nova インスタンス仮想マシンの場合、ネットワークを [ネットワーク アダプタ 1] タブから選択し、[パワーオン時に接続] を選択します。Cinder ボリューム シャドウ仮想マシンの場合、この手順をスキップできます。
  8. Nova インスタンス仮想マシンをパワーオンします。Cinder ボリューム シャドウ仮想マシンの場合、パワーオフのままにします。