VMware Integrated OpenStack デプロイをディザスタからリカバリした後、post disaster recovery コマンドを使用して、OpenStack データベースを更新できます。

手順

  1. OpenStack Nova コンピューティング データベースを更新します。
    vio-post-dr

    vio-post-dr コマンドによって、OpenStack Nova コンピューティング データベースが更新されます。

    たとえば、ソース サイトの compute-5479e7cb-c1014 がターゲット サイトの compute-8f710e32-c1009 にマッピングされる場合、次のコマンドを実行します。
    vio-post-dr compute-5479e7cb-c1014 compute-8f710e32-1009 fix
  2. 古い Glance イメージをクリーンアップします。

    イメージのレプリケーションはサポートされていないため、ターゲット サイトのイメージは有用でなく、Glance コマンドを実行して、古いリソースを削除する必要があります。

    osctl exec -ti mariadb-server-0 -- mysql --defaults-file=/etc/mysql/admin_user.cnf -e "delete from glance.image_members; delete from glance.image_properties; delete from glance.image_tags; delete from glance.image_locations; delete from glance.images;"
  3. Neutron 外部ネットワークを更新します。

    OpenStack Neutron 外部ネットワークを更新して、ディザスタ リカバリ ターゲット サイトの新しい tier-0 ゲートウェイにポイントする必要があります。

    openstack network set --provider-physical-network dr-site-t0-gateway external-network-name