仮想マシンを vSphere から VMware Integrated OpenStack デプロイにインポートし、OpenStack インスタンスとして管理することができます。

この手順は、VDS または NSX Data Center for vSphere ネットワークを含むデプロイに適用されます。NSX-T Data Center デプロイについては、NSX-T Data Center を含む VMware Integrated OpenStackを参照してください。

インポートする仮想マシンに対しては、以下の条件が適用されます。

  • 仮想マシンに複数のディスクがある場合、ディスクは Cinder ボリュームとしてインポートされます。
  • 既存のネットワークは、指定されたプロジェクトにアクセスが制限された、ポート グループ ベースのプロバイダ ネットワークとしてインポートされます。
  • 特定のネットワーク バッキングが設定された仮想マシンをインポートすると、別のプロジェクトに同じネットワークをインポートできなくなります。
  • Neutron サブネットは、DHCP を無効にして自動的に作成されます。
  • Neutron ポートは、仮想マシン上のネットワーク インターフェイス カードの IP アドレスと MAC アドレスに基づいて自動的に作成されます。
注: リースの更新中に DHCP サーバが同じ IP アドレスを維持できなくなると、OpenStack のインスタンス情報には正しくない IP アドレスが示されます。この問題を回避するには、既存の DHCP サーバ上では固定の DHCP バインドを使用するものとし、インポートされたネットワーク上では新しい OpenStack インスタンスを実行しないでください。

Integrated OpenStack Manager ツールボックスの Data Center Command-Line Interface (DCLI) を使用して、仮想マシンをインポートします。

前提条件

インポートする仮想マシンが同じ vCenter Server インスタンス内にあることを確認します。

手順

  1. 目的の仮想マシンが含まれているクラスタをコンピューティング クラスタとして VMware Integrated OpenStack デプロイに追加します。
    手順については、 デプロイへのコンピューティング クラスタの追加を参照してください。
  2. Integrated OpenStack Managerroot ユーザーとしてログインします。
    ssh root@mgmt-server-ip
  3. インポートされた仮想マシンが再配置されたり名前を変更されないようにするには、デプロイ構成を更新します。
    1. Nova コンピューティング構成を変更します。
      viocli update nova-compute
    2. vmware セクションで、import_vm_relocate パラメータを追加し、値として false を設定します。

    この手順を実行しない場合、インポートされた仮想マシンは次のように変更されます。

    • インポートされた仮想マシンの名前は、次の形式に変更されます:original-name (instance-uuid)
    • インポートされた仮想マシンは、vSphere の次のフォルダに配置されます:datacenter > root-VM-folder > OpenStack > Project (project-uuid)
  4. ツールボックスを開いて、VMware Integrated OpenStack vAPI エンドポイントに接続します。

    エンドポイントは、デプロイのプライベート OpenStack エンドポイントにあります。

    toolbox
    dcli +server http://internal-vip:9449/api +i
  5. 非管理対象の仮想マシンを VMware Integrated OpenStack にインポートします。
    注: コマンドを実行すると、DCLI により、 vCenter Server インスタンスの管理者認証情報の入力を求められます。ユーザー名とパスワードを毎回入力せずにすむように、これらの認証情報を保存することができます。
    • 非管理対象のすべての仮想マシンをインポートするには、次のコマンドを実行します。
      com vmware vio vm unmanaged importall --cluster cluster-name [--tenant-mapping {FOLDER | RESOURCE_POOL} [--root-folder root-folder | --root-resource-pool root-resource-pool]]
      オプション 説明

      --cluster

      インポートする仮想マシンを含むコンピューティング クラスタを入力します。

      --tenant-mapping {FOLDER | RESOURCE_POOL}

      インポートされた仮想マシンを OpenStack プロジェクトにマッピングするときに、フォルダ内の場所を基準にするか、リソース プール内の場所を基準にするのかを指定します。

      このパラメータを含めない場合、インポートされたすべての仮想マシンはデフォルトで [import_service] プロジェクトのインスタンスになります。

      --root-folder

      --tenant-mapping パラメータに FOLDER を指定した場合、インポートする仮想マシンが含まれるルート フォルダの名前を指定することができます。

      指定されたフォルダ内またはそのサブフォルダ内のすべての仮想マシンは、それらが配置されているフォルダと同じ名前で OpenStack プロジェクトにインスタンスとしてインポートされます。

      注: --tenant-mapping FOLDER を指定して --root-folder を指定しない場合、クラスタの最上位レベルのフォルダの名前がデフォルトで使用されます。

      --root-resource-pool

      --tenant-mapping パラメータに RESOURCE_POOL を指定した場合、インポートする仮想マシンが含まれるルート リソース プールの名前を指定することができます。

      指定されたリソース プール内またはその子リソース プール内のすべての仮想マシンは、それらが配置されているリソース プールと同じ名前を持つ OpenStack プロジェクトにインスタンスとしてインポートされます。

    • 指定された仮想マシンをインポートするには、次のコマンドを実行します。
      com vmware vio vm unmanaged importvm --vm vm-id [--tenant project-name] [--nic-mac-address nic-mac --nic-ipv4-address nic-ip] [--root-disk root-disk-path] [--nics specifications]
      オプション 説明

      --vm

      インポートする仮想マシンの ID を入力します。

      com vmware vio vm unmanaged list コマンドを実行すると、非管理対象のすべての仮想マシンの ID 値を確認できます。

      --tenant

      仮想マシンをインポートする OpenStack プロジェクトを指定します。

      このパラメータを含めない場合、import_service プロジェクトがデフォルトで使用されます。

      --nic-mac-address

      仮想マシン上のネットワーク インターフェイス カードの MAC アドレスを入力します。

      このパラメータを含めない場合、インポート プロセスは、MAC アドレスおよび IP アドレスを自動的に検出します。

      注: このパラメータを含める場合は、 nic_ipv4_address パラメータも含める必要があります。

      --nic-ipv4-address

      仮想マシン上のネットワーク インターフェイス カードの IP アドレスとプリフィックスを入力します。CIDR 表記(たとえば、10.10.1.1/24)の値を入力します。

      このパラメータは、--nic-mac-address パラメータとともに使用する必要があります。

      --root-disk

      複数のディスクを持つ仮想マシンの場合は、ルート ディスクのデータストア パスを次の形式で指定します。--root-disk '[datastore1] dir/disk_1.vmdk'

      --nics

      複数の NIC を持つ仮想マシンの場合は、各 NIC の MAC アドレスと IP アドレスを JSON 形式で指定します。

      次のキーと値のペアを使用します。

      • mac_address︰標準形式の NIC の MAC アドレス
      • ipv4_address:CIDR 表記の IPv4 アドレス

      例:

      --nics '[{"mac_address": "00:50:56:9a:f5:7b", "ipv4_address": "192.0.2.10/24"}, {"mac_address": "00:50:56:9a:ee:be", "ipv4_address": "192.0.2.11/24"}]'

結果

指定した仮想マシンが OpenStack デプロイにインポートされ、OpenStack インスタンスとして管理できるようになります。