ディザスタ リカバリのターゲットサイト上の VMware Integrated OpenStack デプロイをリカバリするには、まず VMware Integrated OpenStack Manager OpenStack 仮想アプラインスをデプロイし、viocli create drrecover を使用して VMware Integrated OpenStack バックアップ データを更新してから、リストア手順を使用してディザスタ リカバリ サイトのデプロイをリカバリします。

前提条件

  • VMware Integrated OpenStack 7.1 OpenStack 仮想アプライアンスがディザスタ リカバリ ターゲット サイトにデプロイされていることを確認します。
  • ディザスタ リカバリ ターゲット サイトの vCenter Server コンテンツ ライブラリに VMware Integrated OpenStack バックアップ パッケージがあることを確認します。
  • 障害が発生する前に、ディザスタ リカバリ YAML ファイルを準備する必要があります。

手順

  1. ターゲット サイトで vCenter Server と NSX CR を作成します。
    1. 管理 vCenter Server とコンピューティング vCenter Server に CR を作成します。
      viocli create vcenter -n 10.155.20.126 -u http://administrator@vsphere.local -p ‘xxxxxx’
    2. NSX Manager に CR を作成します。
      Viocli create nsx -n nsxmgr01.violab.com -u admin -p ‘xxxxxx!xxxxxx’
    3. vCenter Server と NSX CR の名前を取得します。
      viocli get vcenter
      NAME              CREATION DATE            VALIDATION
      vcenter155        2021-04-28 14:03:17      Success
      vcenter388        2021-04-28 14:02:12      Success
      viocli get nsx
      NAME              CREATION DATE            VALIDATION
      nsx950            2021-04-28 14:05:10      Success
      
    4. ターゲット サイトの Nova コンピューティング名を計算します。
      • 管理 vCenter Server またはコンピューティング vCenter Server にログインします。
      • nova-compute クラスタをクリックして、URL をアドレス バーから取得します。例:
        https://<vcenter_server>/ui/app/cluster;nav=h/urn:vmomi:ClusterComputeResource:domain-c8:7e8d8b50-09e4-4cbf-ba52-cab4ae78eba6/summary
      • 文字列 ClusterComputeResource:domain-cx:xxxxxxxx を各コンピューティング クラスタの http URL から抽出し、コンピューティング ノード名を再形成します。

        たとえば、ClusterComputeResource:domain-c8:7e8d8b50 の場合、コンピューティング ノード名は compute-7e8d8b50-c8 となります。

  2. ディザスタ リカバリ テンプレートを作成し、ソース サイトとターゲット サイトの情報を編集します。
    viocli create drrecover -o > drrecover.yaml
  3. ディザスタ リカバリ テンプレート YAML ファイルを必要な構成情報で編集します。
    注: YAML のバックアップ構成セクションで、バックアップ パッケージのディザスタ リカバリ vCenter Server コンテンツ ライブラリを構成します。
  4. drrecover コマンドを使用して、vCenter Server コンテンツ ライブラリにディザスタ リカバリ パッケージを生成します。
    viocli create drrecover -f drrecover.yaml
    ディザスタ リカバリ vCenter Server コンテンツ ライブラリに新しいバックアップ パッケージ(例: backup125-DR-625849)が生成されていることを確認します。
  5. 新規生成されたバックアップ パッケージ backup125-DR-625849 を使用して、ディザスタ リカバリ vCenter Server の VMware Integrated OpenStack デプロイをリストアします。詳細については、デプロイのリストアを参照してください。
  6. リストア手順が実行されると、デプロイはディザスタ リカバリ サイトでリカバリされます。それを使用して、リカバリされたインスタンス、ボリューム、およびネットワークを管理できます。

    [以下に、ディザスタ リカバリ テンプレートの例を示します。構成の詳細を確認できます。]

    ターゲット サイト構成:
    # Target site deployment configurations
    # vCenter name to create control plane and the backup data from source site must be in content library of this vcenter
    # Could use osctl get vCenter to retreive and config vCenter_name: vcenter293
    vcenter_name:
    OpenStack 構成:
    # OpenStack deployment configurations
    osdeployment:
      openstack_endpoints:
        # Should be in the same network segment with management network
        private_vip: 10.155.20.136
        # Should be in the same network segment with API network
        public_vip: 10.155.21.96
      # Storage policy daatstore to create persistent volume
      datastore: ds-vio  
    Neutron 構成:
    # Neutron configurations
    neutron:
      conf:
        dns:
          designate_enabled: true
        plugins:
          nsx:
          # Support nsx policy neutron driver
            nsx_p:
              # default overlay transport zone id
              deafult_overlay_tz: 4f12b507-e5b5-40fc-91dc-1943b9f63ea7
              # default vlan transport zone id
              default_vlan_tz: 7c33e81e-7b21-474b-89d4-b0312649e3fd
              default tier0 router name
              default_tier0_router: dr-tier0-gateway
              # dhcp_profile id
              dhcp_profile: vio-dhcp-profile-dr
              # metadata proxy id
              metadata_proxy: vio-md-proxy-dr-ts
              # nsx object for target site
              nsx_name: nsx718
    管理サーバの OpenStack サービス構成:
    # OpenStack service configurations for mgmt vcenter
    - vcenter_name: vcenter293
      mgmt: true
      novacomputes:
      # Replicate following fields for each novacompute
      # Source site nova compute name i.e. compute-xxxxxx-cxx. Could get from "viocli get novacompute"
      - source_compute_name:
        # Target site nova compute name i.e. compute-yyyyyy-cyy.
        target_compute_name:
        # Target site nova compute cluster name
        cluster_name:
        datastore_regex:
        # Fill in the dvs moid for each novacompute if CarrierEdition and SRIOV enabled
        # dvs_moid:
      glance:
      # Replicate following fields for each glance backend
      - vmware_datastores:
      cinder:
      # Replicate following fields for each cinder backend
      # Source site cinder backend name i.e. nova-xx.xx.xx.xx-vmdk-1. Could get from spec.conf.backends section in "osctl get cinder -oyaml"
      - source_backend_name:
        # List each compute cluster from the next line after "vmware_cluster_name:", one for each line.
        # Do not add anything after "vmware_cluster_name:".
        vmware_cluster_name:
        # Replicate following field for each cluster
    
    コンピューティング vCenter Server の OpenStack サービス構成:
    compute vcenter
    - vcenter_name: vcenter187
      mgmt: false
      novacomputes:
      # Replicate following fields for each novacompute
      # Source site nova compute name i.e. compute-xxxxxx-cxx. Could get from "viocli get novacompute"
      - source_compute_name: compute-5479e7cb-c8
        # Target site nova compute name i.e. compute-yyyyyy-cyy.
        target_compute_name: compute-8f710e32-c8
        # Target site nova compute cluster name
        cluster_name: domain-c8
        datastore_regex: ds26\-2
        # Fill in the dvs moid for each novacompute if Carrier Edition and SRIOV enabled
        # dvs_moid:
      - source_compute_name: compute-5479e7cb-c1014
        # Target site nova compute name i.e. compute-yyyyyy-cyy.
        target_compute_name: compute-8f710e32-c1009
        # Target site nova compute cluster name
        cluster_name: domain-c1009
        datastore_regex: ds9\-1
        # Fill in the dvs moid for each novacompute if CarrierEdition and SRIOV enabled
        # dvs_moid:
      glance:
      # Replicate following fields for each glance backend
      - vmware_datastores: ds26-1
      cinder:
      # Replicate following fields for each cinder backend
      # Source site cinder backend name i.e. nova-xx.xx.xx.xx-vmdk-1. Could get from spec.conf.backends section in "osctl get cinder -oyaml"
      - source_backend_name: cinder1-10.155.20.145-vmdk-1
        # List each compute cluster from the next line after "vmware_cluster_name:", one for each line.
        # Do not add anything after "vmware_cluster_name:".
        vmware_cluster_name:
        # Replicate following field for each cluster
        - compute01
      - source_backend_name: cinder1-10.155.20.145-vmdk-2
        # List each compute cluster from the next line after "vmware_cluster_name:", one for each line.
        # Do not add anything after "vmware_cluster_name:".
        vmware_cluster_name:
        # Replicate following field for each cluster
        - compute02
    
    バックアップ構成:
    # Backup configurations from source site 
    # Name of the backup file
    name: backup125
    source:
      kind: contentLibrary
      contentLibrary:
        # Name of the content library containing
        name: VIO
    # Optional, specified the datastore to be us 
    datastore: ds-vio