バックアップから VMware Integrated OpenStack のデプロイをリストアできます。

重要:
  • この手順で作成した一時構成ファイルには、vCenter Server 認証情報がプレーンテキストで含まれています。セキュリティ上の理由から、このファイルはバックアップの終了後に削除します。
  • 複数のリストア操作を同時に実行しないでください。リストア操作の設定が正しくない場合は、操作が失敗するかタイムアウトになるまで待機してから、再試行してください。

前提条件

手順

  1. Integrated OpenStack Managerroot ユーザーとしてログインします。
    ssh root@mgmt-server-ip
  2. テキスト エディタで、YAML 形式のリストア構成ファイルを作成します。
    • 既存の制御プレーンに VMware Integrated OpenStack をリストアする場合は、次のテンプレートを使用します。

      ---
      name: backup-file-name
      description: restore-description
      source:
         kind: contentLibrary
         contentLibrary:
            name: content-library-name
      datastore: control-plane-storage

      パラメータの説明は、次のとおりです。

      オプション 説明

      backup-file-name

      リストアするバックアップ ファイルの名前を入力します。

      restore-description

      リストア タスクの説明を入力します。

      content-library-name

      バックアップ ファイルが含まれているコンテンツ ライブラリの名前を入力します。

      control-plane-storage

      (オプション)制御プレーン情報を格納するデータストアの名前を入力します。

    • 新しい制御プレーンに VMware Integrated OpenStack をリストアする場合は、次のテンプレートを使用します。

      ---
      cluster:
        network_info:
        - networkName: mgmt-network-name
          type: management
          static_config:
            ip_ranges:
            - mgmt-ip-range-begin, mgmt-ip-range-end
            netmask: mgmt-subnet-mask
            gateway: mgmt-gateway-address
            dns:
            - mgmt-dns-server
        - networkName: api-network-name
          type: api
          static_config:
            ip_ranges:
            - api-ip-range-begin, api-ip-range-end
            netmask: api-subnet-mask
            gateway: api-gateway-address
            dns:
            - api-dns-server
        - networkName: trunk-network-name
          type: dvs_trunk_network
          static_config:
            ip_ranges:
            - trunk-ip-range-begin, trunk-ip-range-end
      ---
      datacenter: datacenter-name
      datastore: datastore-name
      resourcePool: resource-pool-name
      count: controller-count
      size: controller-size
      ---
      name: backup-file-name
      description: restore-description
      source:
         kind: contentLibrary
         contentLibrary:
            name: content-library-name
      datastore: control-plane-storage

      パラメータの説明は、次のとおりです。

      表 1. 管理ネットワークの設定
      オプション 説明

      mgmt-network-name

      管理ネットワークの名前を入力します。

      管理ネットワークで DHCP ではなく固定 IP アドレスを使用している場合は、以下の値を入力します。これらの値は、DHCP ネットワークでは不要です。

      オプション 説明

      mgmt-ip-range-begin, mgmt-ip-range-end

      管理ネットワークの IP アドレス範囲を、カンマで区切ったドット区切り 10 進数形式で入力します。たとえば、192.0.2.10, 192.0.2.50 とします。

      mgmt-subnet-mask

      管理ネットワークのサブネット マスクを入力します。

      mgmt-gateway-address

      管理ネットワークのネットワーク ゲートウェイの IP アドレスを入力します。

      mgmt-dns-server

      管理ネットワークの 1 つ以上の DNS サーバの IP アドレスを入力します。各 IP アドレスを別々の行に入力します。例:

      - 192.0.2.1

      - 192.0.2.100

      表 2. API アクセス ネットワークの設定
      オプション 説明

      api-network-name

      API アクセス ネットワークの名前を入力します。

      API アクセス ネットワークで DHCP ではなく固定 IP アドレスを使用している場合は、以下の値を入力します。これらの値は、DHCP ネットワークでは不要です。

      オプション 説明

      api-ip-range-begin, api-ip-range-end

      API アクセス ネットワークの IP アドレス範囲を、カンマで区切ったドット区切り 10 進数形式で入力します。たとえば、198.51.100.10, 198.51.100.50 とします。

      api-subnet-mask

      API アクセス ネットワークのサブネット マスクを入力します。

      api-gateway-address

      API アクセス ネットワークのネットワーク ゲートウェイの IP アドレスを入力します。

      api-dns-server

      API アクセス ネットワークの 1 つ以上の DNS サーバの IP アドレスを入力します。各 IP アドレスを別々の行に入力します。例:

      - 198.51.100.1

      - 198.51.100.100

      デプロイで VDS ネットワークを使用する場合は、次の値を入力します。これらの値は、NSX デプロイでは不要です。

      表 3. トランク ネットワークの設定
      オプション 説明

      trunk-network-name

      トランクネットワークの名前を入力します。

      trunk-ip-range-begin, trunk-ip-range-end

      トランク ネットワークの IP アドレス範囲を、カンマで区切ったドット区切り 10 進数形式で入力します。たとえば、169.254.0.1,169.254.0.254 のように入力します。

      すべてのデプロイ タイプについて、次の情報を入力します。

      表 4. 制御プレーンの設定
      オプション 説明

      datacenter-name

      VMware Integrated OpenStack 制御プレーンの作成場所となる vSphere データセンターの名前を入力します。

      datastore-name

      VMware Integrated OpenStack 制御プレーンのデータストアの名前を入力します。

      resource-pool-name

      VMware Integrated OpenStack 制御プレーンのリソース プールの名前を入力します。

      controller-count

      作成するコントローラの数を入力します。

      controller-size

      コントローラのサイズを指定します。以下の値がサポートされています。

      • small(4 個の vCPU と 16 GB の RAM)
      • medium(8 個の vCPU と 32 GB の RAM)
      • large(12 個の vCPU と 32 GB の RAM)
      表 5. バックアップの設定
      オプション 説明

      backup-file-name

      リストアするバックアップ ファイルの名前を入力します。

      restore-description

      リストア タスクの説明を入力します。

      content-library-name

      バックアップ ファイルが含まれているコンテンツ ライブラリの名前を入力します。

      コンテンツ ライブラリと VMware Integrated OpenStack が別々の vCenter Server インスタンスに配置されている場合は、コンテンツ ライブラリが含まれている vCenter Server インスタンスの設定を入力します。コンテンツ ライブラリと制御プレーンが同じ vCenter Server インスタンスに配置されている場合、以下の値は不要です。

      表 6. コンテンツ ライブラリの設定
      オプション 説明

      control-plane-storage

      (オプション)制御プレーン情報を格納するデータストアの名前を入力します。

  3. VMware Integrated OpenStack デプロイのリストア用の vCenter Server を指定します。
    viocli create vcenter --vc_hostname <host> --vc_password <password> --vc_username <user>
    または、Kubernetes コマンドライン ユーティリティでエイリアスを使用して、デプロイから vCenter Server を取得します。
    osctl get vcenter
  4. 構成ファイルを使用し、デプロイのリストア先となるターゲットの vCenter Server を指定してデプロイをリストアします。
    viocli restore deployment -f <configuration-file> --destination-vcenter=<vcenter-name> [--skip-control-plane] [--content-vcenter=<vcenter-name>]

    --skip-control-plane フラグが設定されている場合、デプロイをリストアするには、リストアするバックアップ イメージが含まれている vCenter Server を含めます。

    viocli restore deployment -f <configuration-file> --destination-vcenter=<vcenter-name> --skip-control-plane --content-vcenter=<vcenter-name>

    たとえば、次のコードには、ファイル backup_vio_edge_scale をディレクトリ /var/lib/restore にロードしたデプロイのリストアが示されています。

    body:
      {"value":
        {"bytes_transferred":0,"size":19756648,"name":"backup_vio_edge_scale","download_endpoint":
          {"uri":https://10.155.21.175:443/cls/data/853ecee5-ad10-492e-afe6-52a62728f5fb/backup_vio_edge_scale"
          },"status":"PREPARED"
        }
      }

    バックアップが終了すると、ファイル backup_vio_edge_scale がコンテンツ ライブラリ bak_vio_edge からディレクトリ /var/lib/restore に正常にロードされます。

    リストアが正常に実行されると、次のようなメッセージが表示されます: download completed, prepare running, and restore succeeded

結果

OpenStack デプロイはバックアップの状態にリストアされます。