VMware Integrated OpenStack 7.1 では、Cinder ボリュームを VMDK ではなく First Class Disk (FCD) として作成できます。

FCD は、Improved Virtual Disk (IVD) または管理仮想ディスクとも呼ばれる、仮想マシンから独立した名前付き仮想ディスクです。Cinder ボリュームで FCD を使用すると、シャドウ仮想マシンが不要になります。

デフォルトの VMDK バックエンドに加えて、FCD バックエンドが提供されます。Cinder のバックエンド ドライバとして FCD を選択すると、同じデプロイで FCD と VMDK の両方のボリュームを使用できます。また、FCD ボリュームと VMDK ボリュームを同じ OpenStack インスタンスに接続することもできます。

ボリュームの作成に使用するバックエンド ドライバを指定するには、以下の例に示すように、目的のドライバの名前に設定された volume_backend_name の追加仕様を含むボリューム タイプを作成します。
  • VMDK ドライバの場合は VMwareVcVmdkDriver を使用します。
  • FCD ドライバの場合は VMwareVStorageObjectDriver を使用します。

その後、ボリュームを作成するときに、このボリューム タイプを選択します。

既存の VMDK ボリュームを自動的に FCD ボリュームに変換することはできません。VMDK ボリュームを手動で変換するには、すべてのインスタンスからボリュームを接続解除し、管理対象から外した後、再度管理対象にします。詳細については、ボリュームの管理を参照してください。

VMware Integrated OpenStack で FCD ボリュームを使用する場合は、次の点に注意してください。

  • FCD ボリュームを使用するには、vSphere 6.7 Update 2 以降が必要です。
  • パワーオン状態のインスタンスに接続されたボリュームに次の操作を実行するには、vSphere 6.7 Update 3 以降が必要です。
    • スナップショットからボリュームを作成する
    • スナップショットから作成された一時ボリュームを使用してボリューム スナップショットをバックアップする
  • Storage DRS は、FCD ボリュームではサポートされていません。
  • ボリュームのマルチ接続は、FCD ボリュームではサポートされていません。
  • FCD ボリュームは、共有データストアによってバッキングされている必要があります。
  • 使用中の FCD ボリュームは、クローン作成、再指定、または拡張できません。
  • FCD ボリュームに設定したストレージ ポリシーを削除することはできません。ただし、接続されていないボリュームで使用されているストレージ ポリシーは変更できます。
  • FCD ボリュームが接続されているインスタンスは移行できません。インスタンスを移行する前に、ボリュームを接続解除する必要があります。
  • スナップショットが格納された FCD ボリュームは拡張できません。
  • FCD ボリュームは、vSphere からの仮想マシン ディスクのインポートをサポートしていません。