Integrated OpenStack Manager Web インターフェイスを使用して、OpenStack をデプロイできます。

前提条件

  • ネットワークおよび vCenter Server 環境を準備します。環境の準備を参照してください。
  • vCenter Server インスタンスに VMware Integrated OpenStack をインストールします。VMware Integrated OpenStack 仮想アプライアンスのインストールを参照してください。
  • vSphere で、Integrated OpenStack Manager 仮想マシンのスナップショットを作成します。デプロイを削除して再作成する場合は、このスナップショットが必要です。
  • 必要なすべてのクラスタとデータストアが使用可能であることを確認します。デプロイ ウィザードの開始後に vSphere 環境にリソースを追加する場合、変更を表示するにはウィザードを閉じてから再度開く必要があります。
  • DNS サーバが正しく設定され、ネットワーク ゲートウェイまたはファイアウォールによってプライベート ネットワーク上の DNS 要求が転送されていることを確認します。
  • NSX-T Data Center のデプロイに対して、以下のパラメータの値を取得します。
    • NSX Manager の FQDN または IP アドレス
    • NSX Manager にアクセスするためのユーザー名とパスワード
    • オーバーレイ転送ゾーン
    • VLAN 転送ゾーン
    • Tier-0 ルーター
    • DHCP プロファイル
    • メタデータ プロキシ サーバおよびシークレット
  • NSX Data Center for vSphere のデプロイに対して、以下のパラメータの値を取得します。
    • NSX Manager の FQDN または IP アドレス
    • NSX Manager にアクセスするためのユーザー名とパスワード
    • 転送ゾーン
    • エッジ クラスタ
    • Edge クラスタのリソース プールとデータストア
    • NSX Data Center for vSphere の Distributed Switch
    • 外部ネットワークのポート グループ
    • メタデータ サービス ネットワークのポート グループ(管理ネットワークから独立している場合)

手順

  1. Integrated OpenStack Manager Web インターフェイスに admin ユーザーとしてログインします。
    Web インターフェイスにアクセスするには、Web ブラウザで Integrated OpenStack Manager の IP アドレスを開きます。IP アドレスを見つけるには、 vSphere ClientIntegrated OpenStack Manager 仮想マシンを選択し、 [サマリ] タブを表示します。
  2. [OpenStack デプロイ] を選択し、[追加] をクリックします。
  3. デプロイを作成するか、エクスポートしたテンプレートを使用して設定を入力するかを選択します。
    注:
    • パスワードは、エクスポートしたテンプレートには保存されません。追加の設定を入力する前に、各パスワードを入力して検証する必要があります。
    • 追加の vCenter Server インスタンスは、エクスポートしたテンプレートには保存されません。設定を入力する前に、手動で vCenter Server インスタンスを追加する必要があります。
  4. デプロイ名、デプロイ モード、コントローラの数、コントローラのサイズを指定します。

    非 HA モードの場合は、1 つの中規模または大規模のコントローラを使用してデプロイできます。HA モードの場合は、任意のサイズの 3 つまたは 5 つのコントローラを使用してデプロイできます。

    デプロイ後に、制御プレーンをスケール アウトして、非 HA のデプロイを HA モードに変換できます。ただし、制御プレーンをスケール インしたり、HA のデプロイを非 HA モードに変換したりすることはできません。

  5. [次へ] をクリックします。
  6. 管理対象の vCenter Server インスタンスの FQDN または IP アドレスを入力し、その管理者認証情報を指定します。
    注: NSX Data Center for vSphere ネットワークを使用して VMware Integrated OpenStack をデプロイする場合は、 vCenter Server インスタンスの場所を、そのインスタンスが NSX Manager に登録されたときの形式で入力する必要があります。正しい形式を確認するには、 NSX Manager にログインし、 [vCenter Server 登録の管理] をクリックして、 [vCenter Server] のセクションを表示してください。 VMware Integrated OpenStack に入力した値が、 NSX Manager[vCenter Server] のセクションに表示されたものと同じであることを確認します。
  7. Integrated OpenStack Manager がセキュアなプライベート ネットワーク上で vCenter Server インスタンスに接続しており、証明書の検証を無効にする必要がある場合は、[vCenter Server 証明書の検証を無視します] チェック ボックスを選択します。
  8. [次へ] をクリックします。
  9. [管理ネットワーク] で、ドロップダウン メニューから管理ネットワークを選択し、DHCP を有効にするかどうかを指定して、プライベート OpenStack エンドポイントの IP アドレスを指定します。
    注: 以下の条件が適用されます。
    • DHCP を無効にする場合は、以下を入力する必要があります。
      • ネットワークの 1 つ以上の IP アドレス範囲
      • これらの範囲のサブネット マスク
      • ゲートウェイ アドレス
      • 1 台以上の DNS サーバ
    • プライベート OpenStack エンドポイントの IP アドレスが、管理ネットワークに指定されている IP アドレス範囲に含まれないようにしてください。
  10. [API ネットワーク] で、ドロップダウン メニューから API アクセス ネットワークを選択し、DHCP を有効にするかどうかを指定して、パブリック OpenStack エンドポイントの IP アドレスを指定し、オプションでパブリック ホスト名を指定します。
    注: 以下の条件が適用されます。
    • DHCP を無効にする場合は、以下を入力する必要があります。
      • ネットワークの 1 つ以上の IP アドレス範囲
      • これらの範囲のサブネット マスク
      • ゲートウェイ アドレス
      • 1 台以上の DNS サーバ
    • パブリック OpenStack エンドポイントの IP アドレスが、API アクセス ネットワークに指定されている IP アドレス範囲に含まれないようにしてください。
    • 最初のデプロイ後に、パブリック OpenStack エンドポイントのパブリック ホスト名を変更することはできません。
  11. [制御プレーン リソース] で、OpenStack 制御プレーンに使用する vSphere データセンター、リソース プール、データストアを選択します。
    注: データストアは、制御プレーンがデプロイされた後で変更することはできません。
  12. [永続的ストレージ] で、データストアを選択し、[次へ] をクリックします。
  13. ドロップダウン メニューからネットワーク モードを選択します。
    重要: OpenStack のデプロイ後にネットワーク モードを変更することはできません。別のネットワーク モードに切り替える場合は、再デプロイする必要があります。
  14. ネットワーク バック エンドのパラメータを入力します。
    • [NSX Policy] を選択した場合は、以下の手順に従います。
      1. NSX Manager の FQDN または IP アドレスを入力し、その管理者認証情報を指定して、[次へ] をクリックします。
        注: NSX Manager クラスタがデプロイされている場合は、親 NSX Manager ノードのみを指定します。OpenStack をデプロイした後、 NSX Manager クラスタを使用した VMware Integrated OpenStack の構成の説明に従って、その他のノードを指定します。
      2. ドロップダウン メニューから、デフォルトのトランスポート ゾーン、Tier-0 ルーター、DHCP サーバ プロファイル、メタデータ プロキシ サーバを選択します。
      3. メタデータ プロキシ サーバのシークレットを入力して、[次へ] をクリックします。
    • [DVS] を選択した場合は、OpenStack で使用する Distributed Switch とトランク ネットワークを指定し、[次へ] をクリックします。
  15. [Nova 構成] の下で [追加] をクリックし、コンピューティング クラスタが含まれている vCenter Server インスタンスを選択します。
  16. ターゲット クラスタ内のインスタンスの Nova アベイラビリティ ゾーンを入力します。
  17. 目的のクラスタとデータストアを選択し、[送信] をクリックします。
    [追加] を繰り返しクリックして、デプロイに複数のコンピューティング クラスタを含めることができます。
  18. コンピューティング設定を確認し、[次へ] をクリックします。
  19. [Glance 構成] の下で [追加] をクリックし、イメージを格納するために使用するデータストアが含まれている vCenter Server インスタンスを選択します。
  20. データストアを 1 つ以上選択し、[OK] をクリックします。
  21. イメージ データストアの設定を確認し、[次へ] をクリックします。
  22. [Cinder 構成][追加] をクリックして、ブロック ストレージに使用するクラスタが含まれている vCenter Server インスタンスを選択します。
  23. バックエンド ドライバとして [VMDK] または [FCD] を選択します。
  24. ターゲット クラスタのアベイラビリティ ゾーンを入力します。
  25. クラスタを 1 つ以上選択し、[OK] をクリックします。
  26. ブロック ストレージの設定を確認し、[次へ] をクリックします。
  27. [ローカル管理者ユーザー] で、OpenStack 管理者アカウントのパスワードを入力し、[次へ] をクリックします。

    このパスワードは、クラウド管理者として OpenStack および VMware Integrated OpenStack ダッシュボードの認証を行う際に使用されます。

    重要: [ID ソースの構成] を選択して LDAP を構成することはしないでください。 VMware Integrated OpenStack 7.1 の新しいデプロイの場合、LDAP はデプロイを完了しないと構成できません。手順については、 LDAP 認証の構成を参照してください。
  28. VMware Integrated OpenStack Carrier Edition を有効にするかどうかを選択し、[次へ] をクリックします。
  29. [Barbican 構成] の下で、シークレット管理のプラグインとして [Simple Crypto] または [KMIP] を選択します。
    [KMIP] を選択した場合、KMIP サーバのホスト名と認証情報を入力する必要があります。
  30. 設定内容を確認します。設定が正しいことを確認したら、[終了] をクリックします。

結果

Integrated OpenStack Manager によって OpenStack クラウドのデプロイが開始され、デプロイのステータスが プロビジョニング中 と表示されます。ステータスが 実行中 に変わると、デプロイは完了です。

注: デプロイが プロビジョニング中 状態のときに、デプロイをスケール アウトしたり、コンポーネント(Designate など)を追加したりしないでください。

次のタスク

  • すべてのコントローラ ノードで vSphere の HA を無効にします。
  • ライセンス キーを割り当てて、OpenStack クラウドがデプロイされ、正常に動作していることを確認します。