7.0 または 7.0.1 バージョンから VMware Integrated OpenStack 7.1 にアップグレードするには、パッチを適用します。

前提条件

  • フォルダを作成し、VMware Integrated OpenStack 7.1 パッチ パッケージを VMware Integrated OpenStack ダウンロード ページ からダウンロードして保存します。
  • VMware Integrated OpenStack Manager に 20 GB の空きディスク容量があることを確認します。一部のディスク容量を解放するには、ダウンロードされている tar ball パッチを削除します。
  • OpenStack デプロイを含む VMware Integrated OpenStack 7.0 または 7.0.1 がすでにある場合は、既存のデプロイのバックアップを作成します。デプロイのバックアップ を参照してください。

手順

  1. VMware Integrated OpenStack 環境で、Integrated OpenStack Manager にログインします。
    ssh root@mgmt-server-ip
    VMware Integrated OpenStack 7.1 パッチ フォルダに移動します。
    cd <vio-patch-folder>
    tarball を展開します。
    tar -zxvf vio-patch-7.1.0.0-build-number.tar.gz
  2. patch -prepare.sh スクリプトを実行します。このスクリプトによって、パッチをインストールするための次の手順が示されます。
    ./patch-prepare.sh
  3. パッチを VMware Integrated OpenStack Manager に追加します。
    viocli patch add -l /<vio-patch-folder>/patch-<vio-patch-version>.tar.gz
    パッチが追加されたことを確認します。
    viocli patch list

    正常に追加された場合、パッチの状態は ADDED(追加済み)と表示されます。

  4. パッチをインストールします。
    viocli patch install -p patch-<vio-patch-version>
    
    パッチがインストールされたことを確認します。
    viocli patch list

    既存の VMware Integrated OpenStack 7.x デプロイに正しくインストールされた場合、パッチの状態は APPLIED(適用済み)と表示されます。

    パッチ デプロイのステータスを確認します。
    viocli get deployment
    

    デプロイが安定している場合、パッチの状態は RUNNING(実行中)と表示されます。これは、すべての OpenStack サービスがパッチ適用済みであることを示します。

    注:
    • エラーが発生した場合、またはデプロイが安定しない場合は、追跡用にサポート バンドルを保持します。
    • VMware Integrated OpenStack が vRealize Operations Manager と統合されている場合、VMware Integrated OpenStack 7.1 パッチを適用した後に、vRealize Operations Manager で [接続の検証] をクリックして、VMware Integrated OpenStack の新しい証明書を受け入れる必要があります。