Endpoint のハード ドライブが交換、破損、フォーマットした場合、またはユーザー マシンが喪失および新しいマシンが供給された場合、CVD をそのデバイスまたは交換デバイスにリストアする必要があります。

Mirage ソフトウェア要件に準拠する少なくとも基本的な OS イメージでデバイスを設定する必要があります。『VMware Mirage インストール ガイド』の「ソフトウェア要件」を参照してください。

ハード ドライブを交換する際に、コンソールでエンドポイントを特別に識別して CVD を指定する必要はありません。サーバはデバイスの BIOS でエンドポイントの GUID を認識して、関連する CVD を検索します。

以下のいずれかのリストア プロシージャを使用して CVD をリストアします: