アプリケーション レイヤのキャプチャが完了すると、変更したアプリケーション レイヤを各 Endpoint デスクトップに配布および指定できます。

アプリ レイヤをエンドポイントに割り当てる場合、アプリケーションへのすべての変更がエンドポイント デバイスに存在するように、そのコンテンツがエンドポイントに適用されます。「アプリ レイヤを CVD に指定」を参照してください。

アプリ レイヤの詳細については、「基本レイヤおよびアプリ レイヤ」を参照してください。

レイヤ導入プロセスの詳細については、「レイヤ管理のライフ サイクル」を参照してください。

詳細については、『VMware Mirage Mirage 管理者ガイド』を参照してください。