Mirage クライアントをインストール後、デバイスを統合します。統合すると Mirage 管理コンソールでエンドポイントを起動および同期、またはデバイスを Mirage サーバの CVD に割り当てるので、デバイス データを統合管理できます。

Mirage を最初に組織に導入するときに、統合化された仮想デスクトップ (CVD) の形式で、各デバイスをバックアップして、サーバにそのコピーを作成する必要があります。そうすればデバイスを統合管理できます。

クライアントにインストールされたエンドポイントは、保留中の割り当てとして Mirage 管理コンソールに表示され、システムでは保留中のアクティベーションになります。システムで管理しないデバイスを拒否することもできます。