共通の基本レイヤで一般的に配布されるコア アプリケーションとは別に、アプリ レイヤから特定のユーザーにより特化したアプリケーションのセットを提供できます。

1 つのアプリケーション、または同じベンダからのアプリケーション スイートを含むアプリ レイヤをキャプチャできます。特定の部門またはグループに関係するアプリケーションを含めるためにアプリ レイヤを作成できます。アプリ レイヤを他のアプリ レイヤと結合し、互換性のあるエンドポイントでそれらを導入できます。

アプリ レイヤのキャプチャ プロセスは、ライブ参照マシンにインストールされた指定アプリケーションのスナップショットを作成します。これは大規模導入のための汎用化です。

アプリ レイヤの目的のために参照 CVD として CVD を使用できます。基本レイヤは、参照マシンに存在する必要はありません。