デバイス ファイルは過去の CVD スナップショットへリストアするか、ハード ドライブの交換、ファイルの破損、形式の操作、デバイスの交換作業後に CVD からリストアすることができます。

Mirage では 2 つのモードのディザスタ リカバリが提供されます。

  • ファイルまたはデスクトップ全体を既存のデバイスの以前の CVD スナップショットにリストアします。ファイルおよびディレクトリは、アクティブ アップロード ポリシーと一致する CVD スナップショットに含まれます。
  • 既存デバイスまたは交換デバイスのハード ドライブをリストア:
    • ハード ドライブの交換、ファイルの破損、またはフォーマット操作後、同じデバイスに CVD をリストアします。
    • CVD を交換デバイスにリストアします。

CVD に Encrypted File System (EFS) ファイルが含まれている場合、ファイルはオリジナルの暗号化形式でリカバーされます。

注: : 前の状態のスナップショットでの良好な重複排除のため、CVD に EFS ファイルが含まれている場合、リストア プリフェッチ操作中にエンド ユーザーはログインする必要があります。