保留中のデバイスを参照 CVD として指定し、それをアプリケーションおよびエンドポイントのセットに適用する基本レイヤの設定で構成します。参照マシンの構築・構成後、デバイスを統合して参照マシンとして扱い、基本レイヤのキャプチャに使用することができます。

参照マシンとして割り当てられる保留中のデバイスは、保留中のデバイス リストから参照 CVD 表示に移動されます。

詳細については、『VMware Mirage 管理者ガイド』を参照してください。

注意: : 参照マシンからのファイルおよび設定は基本レイヤでキャプチャされ、それらは多数のエンドポイント デスクトップに配布されます。意図しない結果を回避するには、構成が大規模配布に適切であることを確認します。