View デスクトップ プールを作成するには、すべてのデスクトップ仮想マシンを作成するために完全にクローン作成された仮想マシン テンプレートが必要です。

vSphere Client を使用して仮想マシンのテンプレートを作成する方法の詳細については、『vSphere 基本システム管理』に示す手順に従ってください。

仮想マシン テンプレートを作成する場合の考慮事項と推奨事項

仮想マシン テンプレートを作成する場合は次の事項を念頭に置いてください。

  • 仮想マシン テンプレートには、Mirage クライアント、View Agent、および VMware Tools がインストールされている必要があります。

  • CVD 一括作成プロセスを短縮するには、テンプレートに変換される前のデフォルトの Mirage CVD ポリシーを使用して、指定した仮想マシン テンプレートで Mirage の統合を完了できるようにします。

  • CVD 一括作成プロセスをさらに短縮するには、作成した基本レイヤと同じコンテンツが仮想マシン テンプレートに含まれることを確認します。基本レイヤと任意の共通のアプリ レイヤ(たとえば、View Agent を含むアプリ レイヤ)を、テンプレートに変換する前に仮想マシンに指定します。