Mirage ユーザーは Mirage Web 管理を使用して、CVD、アップロード ポリシー、ボリューム、レイヤなどについてロールベースのアクションを実行できます。

Web 管理はさまざまな Mirage ユーザー ロールによって使用されます。

表 1. Web Management のユーザー ロール
ロール 説明
ヘルプデスク サービスの問い合わせに応答するために Mirage クライアント ユーザー デバイスに関する情報を提供します。ヘルプ デスク ロールでアクセスすると、[ユーザーおよびデバイスを選択] ページがデフォルトで表示されます。
Image Manager CVD に基本レイヤおよびアプリ レイヤを割り当てます。Image Manager ロールは、指定されたイメージを使用して新規デバイスをプロビジョニングします。
Protection Manager システムの詳細情報を提供します。Protection Manager ロールを持つユーザーは、Mirage システムをアップデートして エンドユーザー デバイスを保護できます。
管理者 すべての Mirage 操作のスーパーセット。

Mirage Web 管理のユーザー ロールは、Mirage 管理コンソールにより割り当てられます。VMware Mirage ユーザーとロールの詳細については、『VMware Mirage 管理者ガイド』を参照してください。