何らかの理由で同期が失われたデバイスを CVD に再接続できます。強制アップロード操作の後、従来のように増分変更のバックアップを続行できます。

指定保留中のデバイスを既存の CVD に接続して現在のデバイス データを [強制アップロード] プロセスで CVD にアップロードすることができます。

手順

  1. Mirage Web 管理で [保留中のデバイス] タブをクリックして、強制アップロードする CVD を選択します。
  2. [強制アップロード] をクリックします。

結果

デバイスはすべてのデータを CVD と同期します。ローカル クライアントの変更は、CVD の変更よりも優先(勝ります)されます。