サーバの状態、接続、ポートなど、使用している環境の Mirage サーバ、Mirage 管理サーバ、および Mirage ゲートウェイ サーバに関する情報を表示および管理できます。

サーバに対してさまざまなアクションを実行できます。

表 1. Mirage サーバと Mirage 管理サーバの管理
オプション 説明
[設定] 最大接続数、ポート、転送タイプ、および証明書情報を構成します。
[削除] 選択したサーバを削除します。
[開始] 選択したサーバを開始します。
[停止] 選択したサーバを停止します。
[ログの収集] レポート レベル、出力先、および UNC パスを選択します。

Mirage ゲートウェイ サーバを構成および削除できます。

MongoDB パスは、[ 管理サーバ] タブで表示できます。Mirage 管理サーバの使用可能なディスク領域が 5% 未満の場合、Mirage システム内のすべての Mirage 管理サーバについてアップロードがサスペンドされます。Mirage 管理サーバ上に空きディスク領域が十分に確保されるか、または十分な空きディスク領域があるドライブに MongoDB データベースが移動されると、アップロードは再開します。

管理者であれば、選択した Mirage 管理サーバの MongoDB データを別の場所に移動できます。複数の Mirage 管理サーバをインストールした後でのみ、この機能は有効になります。Web Management で、[サーバ] > [管理][サーバ] > [構成] をクリックします。[Mirage 管理サーバの構成] ダイアログで、MongoDB データを移動する場所の名前を入力して、[OK] をクリックします。

Web Management では、MongoDB の接続に関する問題のイベントが生成され、MongoDB が破損しないようにすばやく対策をとることができます。

このイベントは、次の場合に生成されます。

イベント 説明
MongoDB が頻繁にクラッシュする システムで、指定された期間内に MongoDB が特定の回数以上予期せずにクラッシュする場合。
MongoDB 接続の問題 MongoDB データを保管するディスクについて 3 日間で 1 秒より長いディスク遅延が 20 回以上システムで発生する場合。
頻繁にクラッシュするため MongoDB が無効になる 指定された期間内に MongoDB が特定の回数以上予期せずに失敗した後で MongoDB が無効になる場合。
データ ディスクに対する高遅延のため MongoDB が無効になる データ ディスクに対する高遅延のため MongoDB が無効になる場合。
十分なディスク領域が利用できないため MongoDB が無効になる 十分なディスク領域が利用できないため MongoDB が無効になる場合。
MongoDB がインデックスをレプリケートまたは再構築しています。お待ちください MongoDB がインデックスをレプリケートまたは再構築しているため MongoDB が一時的に無効になる場合。

これらの場合、Mirage 管理サーバはただちにその MongoDB インスタンスを停止します。

重大なイベントを生成され、[管理サーバ] タブの管理サーバのステータスが、「Mongo サービスがダウンしています」に変更されます。

通常の状態に管理サーバを戻すには、Mirage Web コンソールの [管理サーバ] タブで Start コマンドを使用します。

Mirage 管理サーバを 1 台のみ使用する構成の場合、Web 管理に赤色のバナーと次のメッセージが表示されます。

お使いのシステムではアクティブな管理サーバは 1 台です。管理サーバで障害が発生したときのデータの損失を防止するために、複数台の管理サーバをセットアップしてください。重要: 仮想マシンのクローンを作成しないでください。

構成に 1 台の Mirage 管理サーバしか含まれない場合、または、停止しているまたは無効化されている管理サーバがある場合、Web 管理には赤色のバナーと次のメッセージが表示されます。

システムの一部の Mongo ノードが停止しています。すべてのノードが停止している場合は、Mirage の操作は失敗します。詳細は [管理サーバ] タブを参照してください。この問題を解決したら、[管理サーバ] タブから管理サーバを起動します。詳細については、KB2144975 を参照してください。