Mirage は、ボリューム輻輳の管理を支援するために複数のストレージ ボリュームのサポートを提供します。

各ストレージ ボリュームは、基本レイヤ、アプリ レイヤ、および CVD を含むことができます。CVD は作成されたときにストレージ ボリュームに指定されます。ストレージ ボリュームは、Network-attached Storage (NAS) 権限が置かれる必要があるサーバで共有される必要があります。

Mirage Web 管理では、ストレージ ボリュームを使用したさまざまなアクションを実行できます。

表 1. ストレージ ボリュームの操作
オプション 説明
[追加] Mirage システムにボリュームを追加します。
[編集] ボリュームのパラメータを編集します。
[削除] Mirage システムのボリュームを削除します。
[ブロック] 新しい CVD または基本レイヤが作成されるときに、ストレージ ボリュームをブロックして、使用できないようにします。ストレージ ボリュームのブロックは、ボリュームがボリューム容量のしきい値に達したり、新しい CVD または基本レイヤの追加を停止する場合に役立ちます。ボリュームのブロックは、ボリュームに存在する CVD および基本レイヤへのアクセスまたはアップデートに影響を及ぼしません。
重要: : CVD または基本レイヤをブロックされたボリュームに移動できません。CVD または基本レイヤをブロックされたボリュームから移動できます。
[ブロック解除] 現在ブロックされているボリュームのブロックを解除します。ボリュームのブロックを解除すると、新しい CVD と基本レイヤを追加、および既存のデータを更新できます。
[マウント] Mirage システムにボリュームをマウントします。
[アンマウント] Mirage システムに追加したボリュームのマウントを解除します。