ブランチ リフレクタの動作を管理するパラメータのデフォルト値を設定できます。

現在の最大接続およびキャッシュ サイズ値は、新しく定義されたブランチ リフレクタに適用されます。選択したブランチ リフレクタで個別にそれらを修正できます。

このウィンドウの他のパラメータは、すべてのブランチ リフレクタ、既存または新規に対してシステム全体に適用されます。

前提条件

汎用目的のデスクトップとして他で使用することに加えて、ブランチ リフレクタ エンドポイントに [デフォルト キャッシュ サイズ] 値をサポートするために十分なディスク領域があることを確認します。

手順

  1. 画面の右上にある歯車のアイコンをクリックして、[一般設定] > [ブランチ リフレクタ] を選択します。
    オプション 操作
    デフォルトの最大接続 ブランチ リフレクタに同時に接続できるエンドポイント デバイスの最大数を入力します。
    デフォルト キャッシュ サイズ (GB) ブランチ リフレクタが割り当てたキャッシュ サイズを入力します。
    必要となる近接 (msec) たとえば、50 ms というように、エンドポイントがブランチ リフレクタからのダウンロードを考慮する前のピングに応答するためにのブランチ リフレクタの最大時間を入力します。エンドポイントは、ブランチ リフレクタが指定した近接を満たさない場合、サーバからダウンロードします。
    アクティブ ディレクトリ サイトを使用 Mirage はブランチ リフレクタを選択するためにサブネットおよび物理的な近接情報を使用します。アクティブ ディレクトリ サイト情報を使用するために、このチェック ボックスを選択して、どのブランチ リフレクタを接続するかを決定します。
    ブランチ リフレクタを常に使用 ネットワーク トラフィックをできるだけ低く抑えるには、このオプションを選択して、適切なブランチ リフレクタが使用できるようになるまで、一致するプロセスを継続的に繰り返すことをクライアントに強制します。このケースで、ブランチ リフレクタが定義されていない場合に限り、クライアントは Mirage サーバに接続します。このオプションが選択されず、一致が見つからないか適切なブランチ リフレクタが現在使用できない場合、クライアントは Mirage サーバに最終手段として直接接続します。
    Wake-on-LAN Wake-on-LAN プロトコルを使用すると、管理者はマシンを休止状態(再開できる状態。NIC と、マシンが低電力状態を維持しているかどうかにより異なる)から起動できます。
  2. [OK] をクリックします。