1 つ以上のブランチ リフレクタをサイトごとに有効にできます。クライアント エンドポイントは、同じサイトまたは異なるサイトで有効となったブランチ リフレクタを検出します。

Mirage IP 検出および近接アルゴリズムは、以下のプロセスを使用して一致するブランチ リフレクタを検索します。

  1. アルゴリズムは最初にクライアントと同じサブネットにある潜在的なブランチ リフレクタを検証します。
  2. そのブランチ リフレクタが異なるサブネットにある場合、アルゴリズムはブランチ リフレクタがクライアント サブネットをサービスするように構成されるかどうか確認します。

    その代わりに、アルゴリズムはクライアント サイト情報を使用して、ブランチ リフレクタがクライアントと同じアクティブ ディレクトリ サイトにあることを確認できます。

  3. このアルゴリズムは、ブランチ リフレクタおよびクライアント間の遅延がしきい値内であることを確認します。
  4. クライアントおよびブランチ リフレクタの一致がこれらの条件を満たすことが確認されれば、クライアントはブランチ リフレクタに接続して基本レイヤをダウンロードします。そうでなければ、クライアントは次のブランチ リフレクタで一致プロセスを繰り返します。
  5. 一致が確認されないか、すべての適切なブランチ リフレクタが現在使用できない場合、クライアントはサーバに直接接続します。

    このケースで、ブランチ リフレクタが特定のエンドポイントに定義されていない場合に限り、クライアントは Mirage サーバに接続します。