スクリプトは、管理 IP アドレスが変更された NSX Advanced Load Balancer コントローラ ノード、または同じクラスタ内の別の NSX Advanced Load Balancer コントローラ ノードで実行できます。

注:

スクリプトを実行する前に、新しい IP がすべてのノードで機能しており、ノード間でアクセス可能であることを確認します。1 つ以上の IP にアクセスできない場合、スクリプトはベストエフォートの更新を行いますが、接続をリストアしたときに、クラスタが同期状態に戻る保証はありません。

スクリプトは、クラスタ内のノードの 1 つで実行する必要があります。クラスタ内にないノードでスクリプトを実行すると、スクリプトは失敗します。

  • -i ipaddr:スクリプトを実行するノードの新しい IP アドレスを指定します。

  • -o ipaddr:クラスタ内の別のノードの IP アドレスを指定します。

  • -m subnet-mask:サブネットも変更された場合は、このオプションを使用して新しいサブネットを指定します。次の形式でマスクを入力します:255.255.255.0

  • -g gateway-ipaddr:デフォルトのゲートウェイも変更された場合は、このオプションを使用して新しいゲートウェイを指定します。

注:

-m および -g オプションは、クラスタ内のすべての IP アドレスに適用されます。