このタスクは、CLI を使用してテナント設定を構成するのに役立ちます。

シェルにログインし、以下に示すように構成を入力します。

フィールド

説明

se_in_provider_context

True

サービス エンジンはプロバイダ コンテキスト内で管理され、テナント間で共有されます。

se_in_provider_context

False

サービス エンジンはテナント コンテキスト内で管理され、テナント間では共有されません。

tenant_access_to_provider_se

True

テナントにはサービス エンジンへの読み取りアクセス権があります。

tenant_access_to_provider_se

False

テナントにはサービス エンジンへのアクセス権がありません。

tenant_vrf

True

テナントごとに IP ルート ドメインを構成します。

tenant_vrf

False

テナント間で IP ルート ドメインを共有します。テナントごとに異なる VRF があります。

注:

グローバル構成で、se_in_provider_context は True に構成されます。ただし、これはテナントに対して変更できます。