システムの完全な冗長性を確保するには、NSX Advanced Load Balancer コントローラ を高可用性にする必要があります。NSX Advanced Load Balancer コントローラ に高可用性 (HA) を提供するには、NSX Advanced Load Balancer コントローラ ノードを 2 つ追加して、3 ノードの NSX Advanced Load Balancer コントローラ クラスタを作成します。

NSX Advanced Load Balancer コントローラ の HA には、3 ノード クラスタとして構成された 3 つの個別のコントローラ インスタンスが必要です。単一ノードの NSX Advanced Load Balancer コントローラ 展開から開始し、以降の手順を実行して、2 つの NSX Advanced Load Balancer コントローラ ノードを追加して 3 ノード クラスタを形成します。

注:

クラスタがすでに展開されていて、ノード メンバーシップを変更したり、クラスタを解除したりする場合は、代わりにこちらをクリックしてください。

クラスタ展開の前提条件

リーダー ノード

  • 構成のある単一ノードまたは構成なしの単一ノードをリーダーにすることができます。

  • リーダーには NSX Advanced Load Balancer サービス エンジン (SE) を接続することができます。

  • ノードには静的 IP アドレスが必要です。

    • DHCP を使用すると、ノードが再起動して IP アドレスが変更されたときに問題が発生する可能性があります。

    • 現在のリリースでは、クラスタ構成でのホスト名の使用はサポートされていません。

フォロワー ノード

  • NSX Advanced Load Balancer コントローラ クラスタは、1 つのリーダー ノードと 2 つのフォロワー ノードの合計 3 つのノードを持つことができます。

  • フォロワー ノードには構成がなく、NSX Advanced Load Balancer ログイン認証情報に変更がないことが期待されます。

  • フォロワー ノードは、リーダーと同じ NSX Advanced Load Balancer ベースとパッチ バージョンを実行することが期待されます。

  • フォロワーは通常、NSX Advanced Load Balancer コントローラ インストール パッケージから作成された仮想マシンまたは Mesos コンテナです。

  • 各フォロワー ノードには静的 IP アドレスが必要です。