NSX Advanced Load Balancer コントローラ は各エディションに機能制限を適用します。したがって、Enterprise Edition から Basic Edition への移行を許可するには、構成を Basic Edition に準拠させる必要があります。

構成監査コマンドの出力例を次に示します。以下の出力は、Basic Edition でサポートされていない構成と機能を示しています。ライセンス エディションの変更に進む前に、出力に従って必要なアクションを実行します。

[admin:ctrl]: > show configuration audit tier basic
+--------------------+---------------+--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------+
| Object Type        | Name          | License Violations                                                                                                                               |
+--------------------+---------------+--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------+
| VirtualService     | vs-1          | Object refers to system default object marked for removal: StringGroup System-Rewritable-Content-Types                                           |
|                    |               | Field VirtualService.analytics_policy.full_client_logs.enabled cannot have True as its value in BASIC license tier. Allowed value: False.        |
|                    |               | Field VirtualService.enable_autogw cannot have True as its value in BASIC license tier. Allowed value: False.                                    |
|                    |               | Field VirtualService.content_rewrite cannot be set in BASIC license tier.                                                                        |
|                    |               | Field VirtualService.sideband_profile cannot be set in BASIC license tier.                                                                       |
|                    |               |                                                                                                                                                  |
| ServiceEngineGroup | Default-Group | Field ServiceEngineGroup.ha_mode cannot have HA_MODE_SHARED as its value in BASIC license tier. Allowed value(s): HA_MODE_LEGACY_ACTIVE_STANDBY. |
|                    |               | Field ServiceEngineGroup.hm_on_standby cannot have True as its value in BASIC license tier. Allowed value: False.                                |
|                    |               | Field ServiceEngineGroup.app_cache_percent cannot have 10 as its value in BASIC license tier. Allowed value: 0.                                  |
|                    |               |                                                                                                                                                  |
| Pool               | vs-1-pool     | Field Pool.connection_ramp_duration cannot have 10 as its value in BASIC license tier. Allowed value: 0.                                         |
|                    |               |                                                                                                                                                  |
+--------------------+---------------+--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------+

デフォルトのライセンス階層を Enterprise Edition から Basic Edition に変更する際に確認する追加のポイントは次のとおりです。

  • ライセンス エディションを変更する前に、バックアップ構成を保存します。

  • ライセンス エディションの変更は、同じベース バージョンの NSX Advanced Load Balancer コントローラ および SE でのみサポートされます。異なるパッチ バージョンの NSX Advanced Load Balancer コントローラ と SE は、ライセンス階層の変更オプションでもサポートされます。

前提条件

ターゲットのエディションでサポートされていない構成をチェックするために、構成監査ツールが導入されました。構成監査ツールを実行して、構成の違反を確認します。Enterprise Edition から Basic Edition への変更に進む前に、すべての違反を解決します。構成監査 API は、システム内のすべてのオブジェクトに対してライセンス チェックを実行し、さまざまな違反を報告します。システムのデフォルト オブジェクトは内部で処理されるため、違反は無視されます。

NSX Advanced Load Balancer CLI または NSX Advanced Load Balancer REST API を使用して、サポートされていない構成を確認し、必要なアクションを実行します。

  • Avi CLI:show configuration audit tier <tier_name>

  • Avi REST API:/api/config-audit/tier/ <tier_name>