クラスタの NSX Advanced Load Balancer コントローラ IP 情報を更新するには、次の手順を実行します。

注:

change_ip.py を実行する前に、SSH ポート(通常の場合は 22、コンテナの場合は 5098)を介してすべての新しい IP が相互にアクセス可能であることを確認します。

クラスタの NSX Advanced Load Balancer コントローラ IP 情報を更新するには、次のようなコマンド文字列を使用します。

change_ip.py -i **ipaddr **-o ipaddr -o ipaddr

このコマンドは、ノード 10.10.25.81 で実行されます。これはノード 10.10.25.82 および 10.10.25.83 も含む 3 ノード クラスタのメンバーです。

username@avi:~$ ∣ change_ip.py -i 10.10.25.81 -o 10.10.25.82 -o 10.10.25.83

スクリプトは、クラスタ内の任意のノードで実行できます。次の例は、ノード 10.10.25.82 で実行されます。

username@avi:~$ ∣ change_ip.py -i 10.10.25.82 -o 10.10.25.81 -o 10.10.25.83
注:

change_ip.py を実行した後、失敗した場合は、recover.py を使用してノードを単一ノードに変換し、3 ノード クラスタを再度作成します。これは、動作しない Controller クラスタのリカバリの記事に記載されています。

すべてが正常であることを確認するには、[コントローラ ノード] ページに移動し、すべてのノードが CLUSTER_ACTIVE であることを確認します。