このセクションでは、リモート認証を使用したアクセスについて説明します。

LDAP や TACACS などのリモート認証を使用して構成されたシステムで CLI にアクセスする場合、開いているアカウントは 2 つのみです。すなわち管理者アカウントと cli アカウントです。管理者アカウントはシステムの標準の管理アカウントであり、リモート認証用に構成されたシステムでも、ローカルで認証されたアカウントとして維持されます。

cli アカウントにはパスワードが設定されていません。管理者以外のアカウントはアカウント名 cli を使用する必要があります。これにより、ユーザーは Linux を介して NSX Advanced Load Balancer シェルに転送されます。シェルから、ユーザーは標準アカウントを使用してログインする必要があります。管理者以外のアカウントには、Linux へのアクセス権はありません。