NSX Advanced Load Balancer ソフトウェアは、使用可能なロード バランシング機能を有効にして利用するためのライセンスが必要です。この記事では、NSX Advanced Load Balancer のライセンス タイプのリストを示し、ライセンスの取得、追加、管理の方法について説明します。

ライセンス タイプ

ライセンス タイプ

説明

vCPU

  • すべてのサービス エンジンにわたる vCPU の総数をカウントします。

  • 主に仮想環境に適用可能です。

  • ベアメタルおよびコンテナ環境でもサポートされています。

ソケット(ソケットあたり 14 コア以下)

  • サービス エンジンが実行されているソケットの総数をカウントします。

  • NSX Advanced Load Balancer SE が物理サーバ全体で実行されているベアメタル展開に適用可能です。

ハイコア ソケット(ソケットあたり 16 コア以上)

  • サービス エンジンが実行されているソケットの総数をカウントします。

  • NSX Advanced Load Balancer SE が物理サーバ全体で実行されているベアメタル展開に適用可能です。

コンテナ コア

  • サービス エンジンが実行されているソケットの総数をカウントします。

  • NSX Advanced Load Balancer SE が物理サーバ全体で実行されているベアメタル展開に適用可能です。

コンテナ コア

  • コンテナ クラスタ内のコアの総数をカウントします。

  • 主に仮想環境に適用可能です。

  • サービス エンジンが East-West のロード バランシングのために展開されている場合に適用可能です。

帯域幅に制限があるサービス エンジン

  • 指定された帯域幅のサービス エンジンの総数をカウントします。

  • 25 Mbps、200 Mbps、および 1 Gbps のオプションで利用可能です。

  • 25 Mbps および 200 Mbps のオプションは、どの環境にも適用できます。

  • 1 Gbps オプションはパブリック クラウドにのみ適用可能です。

SaaS ユニット

  • 必要な数のサービス エンジンとアプリケーション インスタンスをサポートするために、NSX Advanced Load Balancer SaaS インスタンスで必要な NSX Advanced Load Balancer SaaS ユニットの数。