特権には、リソースと権限が付属しています。

ロールには、次の権限タイプを付与できます。

  • アクセス権なし

  • 読み取りアクセス

ラベルを介したアプリケーションへのロールベース アクセスの実装を理解するには、次の例を検討してください。仮想サービス VS-1 にはアプリケーション blue があり、プール Pool-1 にはアプリケーション green があります。システム管理者には、blue と green の両方のアプリケーションへの書き込みアクセス権が必要です。ラベルを介してロールベースのアクセスを提供するには、次の手順を実行します。

  1. 仮想サービスとプールを構成します。

  2. ロールにフィルタを追加します。

  3. ロールをユーザー アカウントに関連付けます。

  4. 仮想サービスとプールを作成します。