以下では、移行プロセスについて説明します。

  • HTTPS を介してリーダーと新しいフォロワーの間に信頼が確立されます。

  • リーダーは、SSH を介してクラスタの状態情報を各フォロワーにエクスポートします。

  • 各ノードはローカルでクラスタの状態情報を適用し、サービスを再起動します。

  • 最初にリーダー ノードのみに接続されていた既存の NSX Advanced Load Balancer SE は、クラスタ メンバーシップの変更を検出し、クラスタ内のすべての NSX Advanced Load Balancer コントローラ ノードに接続します。

注:

この移行中、REST API は使用できません。通常、移行には 4 ~ 10 分かかります。

移行状態

3 ノード クラスタへの移行の進行状況は、次の状態メッセージで示されます。

  • 構成が進行中です:このフェーズでは、NSX Advanced Load Balancer が構成を検証し、新しい各ノードの状態情報を確認します。状態がないノードのみをクラスタに追加できます。NSX Advanced Load Balancer はクラスタ データベースも更新し、各ノードで構成スクリプトを起動します。

  • アクセスできません:NSX Advanced Load Balancer コントローラ プロセスが再起動されます。

  • リストア:NSX Advanced Load Balancer 構成はすべてのノード間で同期されます。

  • サービス エンジンの接続を待機しています:NSX Advanced Load Balancer は、まだどの NSX Advanced Load Balancer コントローラ ノードにも接続および登録されていない既知の SE を待機します。

  • 準備完了

クラスタを解除する(単一の NSX Advanced Load Balancer コントローラ ノードのみに戻る)場合、状態メッセージは同じです。ただし、構成の進行中のフェーズでは、フォロワーの状態情報は無視されます。