このセクションでは、イメージ管理とサービスの前提条件について説明します。

イメージ管理とサービス

イメージ サービスは、柔軟なアップグレード ワークフローの最初の手順です。イメージをアップロードするために使用され、その後、アップグレード操作を開始できます。SE グループは異なるバージョンである可能性があるため、NSX Advanced Load Balancer コントローラは異なるバージョンのイメージをホストします。

NSX Advanced Load Balancer コントローラには、これらのイメージをホストするための追加のディスク容量が必要です。

メジャー バージョンの NSX Advanced Load Balancer コントローラ イメージには、次のものが含まれます。

  • controller.pkg(仮想マシン ベースの NSX Advanced Load Balancer コントローラの場合)

  • controller_docker.tgz(Docker ベースのコントローラの場合)

パッチのイメージには、次のものが含まれます。

  • avi_patch.pkg:フル パッケージ

  • controller_patch.pkg:NSX Advanced Load Balancer コントローラ パッケージ

  • se_patch.pkg:SE パッチ パッケージ

アップロード プロセスの一部として、イメージ サービスはパッケージからファイルとメタデータを抽出します。この情報はユーザーに提示されるだけでなく、アップグレード プロセスでも使用されます。

注:
  • NSX Advanced Load Balancer リリース 17.2.8 以降のイメージは NSX Advanced Load Balancer リリース 18.2.6 のイメージにアップグレード可能です。リリース 17.2.8 より前のイメージは、17.2.8 イメージに移行する必要があります。その後、18.2.6 にアップグレードできます。

  • イメージ サービスは、NSX Advanced Load Balancer イメージをシステムにアップロード、照会、削除する機能を提供します。

  • イメージ サービスは NSX Advanced Load Balancer パッチ パッケージのアップロードをサポートします。

  • イメージのアップロードは、クラスタ リーダーでのみ実行できます。クラスタ メンバーからは許可されません。