単一ノードの NSX Advanced Load Balancer コントローラ 展開を 3 ノード展開に変換するには、次の手順を使用します。

この手順では、すでに単一ノードで展開されている NSX Advanced Load Balancer コントローラ ノードを現在の NSX Advanced Load Balancer コントローラ と呼びます。

手順

  1. 1 つの新しい NSX Advanced Load Balancer コントローラ ノードをインストールします。インストール中に、ノードごとに次の設定のみを構成します。
    1. ノードの管理 IP アドレス
    2. ゲートウェイ アドレス
  2. それぞれの新しい NSX Advanced Load Balancer コントローラ ノードの管理インターフェイスを現在の NSX Advanced Load Balancer コントローラ と同じネットワークに接続します。現在の NSX Advanced Load Balancer コントローラ が 2 つの新しい NSX Advanced Load Balancer コントローラ ノードを検出すると、現在の NSX Advanced Load Balancer コントローラ が 3 ノード クラスタのプライマリ(リーダー)NSX Advanced Load Balancer コントローラ になります。
  3. Web ブラウザを使用して、プライマリ(リーダー)NSX Advanced Load Balancer コントローラ の管理 IP アドレスに移動します。
  4. Administrator > Controller に移動し、Edit をクリックします。[コントローラ構成の編集] ポップアップが表示されます。
  5. Controller Cluster IP フィールドに、Controller クラスタの共有 IP アドレスを入力します。
  6. Hostname/IP フィールドに、新しい NSX Advanced Load Balancer コントローラ ノードの管理 IP アドレスを入力します。
    注:

    NSX Advanced Load Balancer リリース 18.2 以降、AWS クラウドでクラスタを構成するには、クラスタの各ノードに管理者アカウントのパスワードが必要です。

    この新機能の詳細については、「AWS クラウドの NSX Advanced Load Balancer コントローラ で利用できないデフォルトのパスワード オプション」を参照してください。

  7. これらの手順の後、現在の NSX Advanced Load Balancer コントローラ がクラスタのプライマリ(リーダー)になり、他の NSX Advanced Load Balancer コントローラ をメンバーとしてクラスタに招待します。NSX Advanced Load Balancer は、次にクラスタのウォーム リブートを実行します。このプロセスには 2 ~ 3 分かかる場合があります。リブート後にクラスタがオンラインになると、プライマリ(リーダー)コントローラの構成が新しいメンバー ノードに同期されます。