このセクションでは、適切な運用であることを確認し、Geo-DB の問題を解決するさまざまな方法について説明します。

チェックリスト

  • すべての GSLB サイト、GSLB サービス、および DNS 仮想サービスが構成され、実行されていることを確認します。

  • DNS 仮想サービスの SE グループに十分なディスクとメモリが構成されていることを確認します。推奨される最小値を以下に示します。



  • Geo プロファイルが定義された後、SE にプッシュされていることを確認します。

    show virtualservice your-dns-vs-name geodbinternal コマンドを使用して、Geo-DB が正しく適用されていることを確認します。次の結果を確認します。

    [admin:naveen-ctrl]: > show virtualservice dns-vs geodbinternal
    +----------------+-------------------------------------------------------+
    | Field          | Value                                                 |
    +----------------+-------------------------------------------------------+
    | se_uuid        | se-005056ba3198                                       |
    | uuid           | gslbgeodbprofile-8bb11129-383c-497d-9e39-7b622af3be56 |
    | name           | geo-profile                                           |
    | db_entries[1]  |                                                       |
    |   filename     | v4_only.txt.gz                                        |
    |   num_entries  | 35                                                    |
    |   num_prefixes | 35                                                    |
    |   num_errors   | 0                                                     |
    |   priority     | 10                                                    |
    +----------------+-------------------------------------------------------+
    [admin:naveen-ctrl]: >

    エラーがある場合は、次のように表示されます。FILE_NO_RESOURCES は、上記のように SE の容量が不足していることを示します。

    [admin:naveen-ctrl]: > show virtualservice dns-vs geodbinternal
    +----------------+-------------------------------------------------------+
    | Field          | Value                                                 |
    +----------------+-------------------------------------------------------+
    | se_uuid        | se-005056b06fda                                      |
    | uuid           | gslbgeodbprofile-8bb11129-383c-497d-9e39-7b622af3be56 |
    | name           | geo-profile                                           |
    | db_entries[1]  |                                                       |
    |   filename     | v4_only.txt.gz                                        |
    |   num_entries  | 20                                                    |
    |   num_prefixes | 20                                                    |
    |   num_errors   | 1                                                     |
    |   priority     | 10                                                    |
    | error_file     | v4_only.txt.gz                                        |
    | error          | FILE_NO_RESOURCES                                     |
    +----------------+-------------------------------------------------------+
    [admin:naveen-ctrl]: >
  • GSLB サービスや GSLB プールに関連付けられている位置情報アルゴリズムの構成を確認します。以下の NSX Advanced Load Balancer ユーザー インターフェイスのスクリーンショットは、GSLB プール レベルの Geo アルゴリズムを示しています。



  • 次のコマンドを使用して、位置情報アルゴリズムが IP アドレスの場所を検出できることを確認します。

    show virtualservice dns-vs-name geolocationinfo [filter ip|start_ip]

    次の出力では、イタリア内の場所を確認できます。

    [admin:naveen-ctrl]: > show virtualservice dns-vs geolocationinfo filter ip  2.233.236.0
    +--------------------+------------------------------------+
    | Field              | Value                              |
    +--------------------+------------------------------------+
    | se_uuid            | Avi-Service-Engine:se-005056ba3198 |
    | proc_id            | C0_L4                              |
    | entries[1]         |                                    |
    |   ip               | 2.233.236.0                        |
    |   mask             | 32                                 |
    |   location         |                                    |
    |     latitude       | 45.0                               |
    |     longitude      | 9.0                                |
    |     name           | Italy/Lombardy/Segrate             |
    |   scaled_latitude  | 135                                |
    |   scaled_longitude | 189                                |
    +--------------------+------------------------------------+
    [admin:naveen-ctrl]: >

    次の出力では、インド内の場所を確認できます。

    [admin:naveen-ctrl]: > show virtualservice dns-vs geolocationinfo filter ip  106.51.70.96
    +--------------------+------------------------------------+
    | Field              | Value                              |
    +--------------------+------------------------------------+
    | se_uuid            | Avi-Service-Engine:se-005056b0fa6a |
    | proc_id            | C0_L4                              |
    | entries[1]         |                                    |
    |   ip               | 106.51.70.96                       |
    |   mask             | 32                                 |
    |   location         |                                    |
    |     latitude       | 12.0                               |
    |     longitude      | 77.0                               |
    |     name           | India/Karnataka/Bengaluru          |
    |   scaled_latitude  | 102                                |
    |   scaled_longitude | 257                                |
    +--------------------+------------------------------------+
    [admin:naveen-ctrl]: >

    以下の出力にエントリが表示されない場合は、Geo-DB に 106.1.2.3 サブネットの情報が不足しているか、SE リソースが不足しているために Geo-DB データベースを使用できないことを意味します。

    [admin:naveen-ctrl]: > show virtualservice dns-vs geolocationinfo filter ip  106.1.2.3
    +--------------------+------------------------------------+
    | Field              | Value                              |
    +--------------------+------------------------------------+
    | se_uuid            | Avi-Service-Engine:se-005056b081e1 |
    | proc_id            | C1_L4                              |
    +--------------------+------------------------------------+
    [admin:naveen-ctrl]: >

トラブルシューティングを簡単にするその他のコマンド

  • show gslbservice gslb-svc runtime

  • show virtualservice dns-vs-name dnstable:DNS 仮想サービスにバインドされた DNS テーブルを表示する

  • show virtualservice dns-vs-name gslbservicedetail filter gs_ref gslb-svc-name:GSLB サービスがすべての SE 上に配置されているかどうか、またそのサービスがどのような状態かを表示する

  • show virtualservice dns-vs-name

    gslbservicedetail

    gslbservicehmonstat

    gslbserviceinternal

    gslbsiteinternal

    上から 3 つ目までのコマンドは、次のコマンドに示すようにフィルタを使用して修飾する必要があります。

    show virtualservice dns-vs-name gslbservicehmonstat filter gs_ref gslb-svc-namev

    gslbservicedetail オプションと gslbserviceinternal オプションを使用すると、GSLB プール メンバーの場所情報も表示されます。

使用可能なログ

NSX Advanced Load Balancer のサポートにサポートを依頼する場合は、次のログを収集してください。

  • /var/log/upstart ディレクトリ内の glb_mgr.log および *portal*.log

  • /opt/avi/log ディレクトリ内の glb_mgr.log および *portal*.log

  • DNS 仮想サービスが実行されている SE の se_trace.info

トラブルシューティングの手順

  • クライアントから見て正しい運用であるかどうかを確認するには、NSX Advanced Load Balancer のログを確認します。

  • DNS SE に、Geo-DB をホストするのに十分なメモリがない場合、SE イベント SE_GEO_DB_FAILURE が生成されます。この場合、管理者は SE グループのプロパティを変更して SE のサイズを変更し、SE を再起動する必要があります。

  • 次の show コマンドのフィルタでは、v4 と v6 の両方のタイプのアドレスがサポートされるようになりました。

    • show virtualservice g-dns-2 geolocationinfo <filter ip|start_ip>

    • show virtualservice g-dns-2 geolocationinfo filter type [v6 | v4]

注:
  • 選択したタイプに基づいて、対応する v4 または v6 の出力が表示されます。

  • 一度に、IPv6 アドレスのエントリは 250 個、IPv4 アドレスのエントリは 1,000 個表示されます。