一般に、1 つの NSX Advanced Load Balancer GSLB サービスには 1 つの FQDN しか構成されていません。複数の FQDN が同じ GSLB サービスを表す場合は、NSX Advanced Load Balancer にこれらのドメインのワイルドカードが構成されます。

使用事例

FQDN のワイルドカード一致は、次の要件を満たするように構成されます。

  • foo.com は NSX Advanced Load Balancer に委任されたサブドメインである

  • t1.test.finance.foo.com、t2.test.finance.foo.com、m1.test.finance.foo.com などが同じアプリケーションを参照するか同じアプリケーションをフロントエンドする

上記の要件を達成するには、test.finance.foo.com の GSLB サービスを追加し、ワイルドカード オプションを有効にして、*.test.finance.foo.com に一致する FQDN が同じアプリケーションのセットに移動することを示します。

NSX Advanced Load Balancer CLI を使用したワイルドカード一致の構成

NSX Advanced Load Balancer CLI にログインし、configure gslbservice <gslb service name> コマンドを使用して、wildcard_match フラグを有効にします。

[admin:10-10-25-10]:configure gslbservice gsvc-5
[admin:10-10-25-10]: > TAB
wildcard_match Enable wildcard match of FQDN: If an exact match is not found in the DNS table, the longest match is chosen by wildcarding the FQDN in the DNS request. Default is false.
[admin:10-10-25-10]: gslbservice> wildcard_match
Overwriting the previously entered value for wildcard_match
[admin:10-10-25-10]: gslbservice> save

上記は CLI を使用する場合にのみサポートされます。

同様に、静的 DNS レコードもワイルドカードで識別できます。

[admin:10-10-25-10]: virtualservice:static_dns_records>
wildcard_match Enable wild-card match of FQDN: If an exact match is not found in the DNS table, the longest match is chosen by wildcarding the FQDN in the DNS request. Default is false.
[admin:10-10-25-10]: virtualservice:static_dns_records> save

シナリオ 1

  • サブドメイン名は foo.com

  • アプリケーション ドメイン名は demo.foo.com

上記の要件を満たすワイルドカード オプションは、次のように *.demo.foo.com をワイルドカード オプションとして使用します。

[admin:testcontroller-2]: > configure gslbservice gs1
[admin:testcontroller-2]: gslbservice> domain_names demo.foo.com 
[admin:testcontroller-2]: gslbservice> wildcard_match 
Overwriting the previously entered value for wildcard_match
[admin:testcontroller-2]: gslbservice> save
注:
  • domain_names : demo.avi.com:このアプリケーション ドメイン名は GUI から構成することも可能

  • gslbservice> wildcard_match:ワイルドカードを有効にするためのフラグ

シナリオ 2:サブドメイン自体のワイルドカード

サブドメイン自体にワイルドカードが必要な場合(例:*.foo.com)は、NSX Advanced Load Balancer CLI からアプリケーション ドメイン名を構成し、次に示すのと同じようにワイルドカードの一致を有効にしてください。

[admin:testcontroller-2]: > configure gslbservice gs1
[admin:testcontroller-2]: gslbservice> domain_names foo.com 
[admin:testcontroller-2]: gslbservice> wildcard_match
Overwriting the previously entered value for wildcard_match
[admin:testcontroller-2]: gslbservice> save
注:
  • アプリケーション ドメイン名:foo.com

  • このようなドメイン名は、NSX Advanced Load Balancer ユーザー インターフェイスを使用しては構成できません。

DNS 静的レコードの構成

静的レコードは、 NSX Advanced Load Balancer ユーザー インターフェイスから構成することもできます。 [アプリケーション] > [仮想サービス] の順に移動し、 [静的 DNS レコード] をクリックします。