NSX Advanced Load Balancer ユーザー インターフェイスには、GSLB アルゴリズムが [トポロジ] として設定されている場合に使用する [トポロジ ポリシー] オプションがあります。次の手順を使用して、プール メンバーを選択するためのトポロジ ベースの GSLB アルゴリズムを構成します。

構成は、次の主なポイントに分かれています。

  • トポロジ ポリシーを仮想サービスに関連付ける

  • GSLB サービスの GSLB アルゴリズムをトポロジとして設定する

NSX Advanced Load Balancer ユーザー インターフェイスを使用してトポロジ アルゴリズムを構成するには、次の手順を実行します。

手順

  1. NSX Advanced Load Balancer ユーザー インターフェイスにログインし、[アプリケーション] > [仮想サービス] の順に移動します。目的の仮想サービスを選択し、編集オプションをクリックします。
  2. [ポリシー] > [トポロジ ポリシー] タブの順に移動します。
  3. プラス記号のアイコンをクリックして、新しいトポロジ ポリシーを作成します。
  4. 新しいルールの名前、一致の基準、およびアクションを指定します。すべてのフィールドを設定したら、[送信] をクリックします。


  5. [アプリケーション] > [GSLB サービス] の順に移動して、必要な GSLB サービスを選択します。
  6. [GSLB プール] セクションでプールに使用できる編集オプションを選択します。
  7. [プール メンバーのロード バランシング アルゴリズム] フィールドで使用可能なドロップダウンから [トポロジ] を選択します。