NSX Advanced Load Balancer DNS は、アプリケーション プロファイル タイプが System-DNS で、ネットワーク プロファイルがパケットごとのロード バランシングを使用する仮想サービスを実行します。NSX Advanced Load Balancer ドメイン ネーム システム (DNS) 仮想サービスは、GSLB 用の NSX Advanced Load Balancer に委任されたサブドメインに対して権限があります。

NSX Advanced Load Balancer DNS 仮想サービスは、主に次の機能を実装する汎用 DNS インフラストラクチャです。

DNS ロード バランシング

NSX Advanced Load Balancer は DNS サーバのバックエンド プールに DNS 要求をプロキシします。System-DNS(または同様の)アプリケーション プロファイルを持つ仮想サービスが使用されます。これを実現するには、DNS ソフトウェア パッケージがロードされたバックエンド サーバを割り当てる必要があります。

手動または静的 DNS エントリのホスティング

NSX Advanced Load Balancer DNS は、手動の静的 DNS エントリをホストできます。特定の FQDN に対して A.AAAA、CNAME、NS などのレコードを返すかどうかを指定できます。

仮想サービス IP アドレス DNS のホスティング

NSX Advanced Load Balancer DNS は、NSX Advanced Load Balancer で構成された仮想サービスの名前と IP アドレスをホストできます。NSX Advanced Load Balancer は、ホストされている仮想サービスの DNS プロバイダとして機能します。完全な構成の詳細については、IP アドレス管理と DNS を使用したサービス検出を参照してください。

GSLB サービス DNS エントリのホスティング

NSX Advanced Load Balancer DNS 仮想サービスは GSLB サービス DNS エントリをホストし、アプリケーション サービスの健全性、サービスの負荷、およびアプリケーション サービスを実装するサイトへのクライアントの近接度に基づいてその応答を自動的に更新できます。NSX Advanced Load Balancer GSLB によってこれらの DNS エントリが自動的に入力されます。NSX Advanced Load Balancer GSLB の詳細については、以下のセクションを参照してください。

仮想サービスとしての NSX Advanced Load Balancer DNS

次の図は、左端の SE で SE にホストされている DNS サービス(緑色で表示)を示しています。



一致するエントリがある場合、DNS 仮想サービスは DNS クエリに応答します。一致するエントリが識別されず、プール メンバーが構成されている場合、DNS 仮想サービスは要求をバックエンドの DNS プール サーバ(青色で表示)に転送します。

健全性監視は、A/A、A/S、および N+M モードで構成された DNS 仮想サービスでサポートされています。

NSX Advanced Load Balancer は、複数の DNS 仮想サービスで構成できます。

分析ログとクライアント ログの両方が NSX Advanced Load Balancer DNS 仮想サービスによってサポートされています。このサービスは、1 つ以上のサブドメイン(ゾーン)に対して権限のある DNS サーバとして機能できます。