このセクションでは、NSX Advanced Load Balancer CLI を使用した GSLB サイトの構成に焦点を当てます。

GSLB リーダーの指定とグローバル構成の作成

次の GSLB グローバル構成を作成します。

例:2 つの Controller クラスタ(10.10.25.10 および 10.160.0.25)

10.10.25.10 は目的の GSLB リーダーです。そこで、GSLB リーダーで構成を作成します。

両方の Controller クラスタのクラスタ UUID を見つけます。

10.10.25.10:

: > show cluster

+---------------+----------------------------------------------+
| Field         | Value                                        |
+---------------+----------------------------------------------+
| uuid          | cluster-42301dd3-0529-ada4-ec02-69a2c593df6d |
: > configure gslb glb
: gslb> dns_configs
New object being created

: gslb:dns_configs> domain_name avi.com
: gslb:dns_configs>
: gslb> site_controller_clusters
New object being created

: gslb:site_controller_clusters> ip_addresses 10.10.25.10
: gslb:site_controller_clusters> cluster_uuid cluster-42301dd3-0529-ada4-ec02-69a2c593df6d
: gslb:site_controller_clusters> username admin
: gslb:site_controller_clusters> password admin
: gslb:site_controller_clusters> name SantaClara
: gslb:site_controller_cluster> save
: gslb> site_controller_clusters
New object being created

: gslb:site_controller_clusters> ip_addresses 10.160.0.20
: gslb:site_controller_clusters> cluster_uuid cluster-42215c91-6280-6016-31f6-7416a1f4c4ad
: gslb:site_controller_clusters> username admin
: gslb:site_controller_clusters> password admin
: gslb:site_controller_clusters> name Boston
: gslb:site_controller_clusters> save
: gslb> save
+------------------------------+-----------------------------------------------+
| Field                        | Value                                         |
+------------------------------+-----------------------------------------------+
| uuid                         | gslb-cafe8f98-c411-47cd-96d2-1a6d4e3bad74 |
| name                         | glb                                           |
| dns_configs[1]               |                                               |
|   domain_name                | avi.com                                       |
| site_controller_clusters[1]  |                                               |
|   cluster_ref                | cluster-42301dd3-0529-ada4-ec02-69a2c593df6d  |
|   name                       | SantaClara                                    |
|   ip_addresses[1]            | 10.10.25.10                                   |
|   port                       | 443                                           |
|   username                   | admin                                         |
| site_controller_clusters[2]  |                                               |
|   cluster_ref                | cluster-42215c91-6280-6016-31f6-7416a1f4c4ad  |
|   name                       | Boston                                        |
|   ip_addresses[1]            | 10.160.0.20                                   |
|   port                       | 443                                           |
|   username                   | admin                                         |
| owner_controller_cluster_ref | cluster-42301dd3-0529-ada4-ec02-69a2c593df6d  |
| tenant_ref                   | admin                                         |
+------------------------------+-----------------------------------------------+
: >

これで、同期が設定されます。

構成を確認するには、次の手順を実行します。

セカンダリ サイトに移動し、show コマンドを実行します。GSLB リーダーとフォロワー UUID が一致します。

: > show gslb
+------+-----------------------------------------------+
| Name | UUID                                          |
+------+-----------------------------------------------+
| glb  | gslb-cafe8f98-c411-47cd-96d2-1a6d4e3bad74 |
+------+-----------------------------------------------+

ローカル DNS 仮想サービスの構成

両方の Controller クラスタで、DNS 仮想サービスをホストする新しい SE グループ(g-dns SE グループと呼ばれる)を構成します。

DNS サービスがホストされているすべてのクラスタで DNS 仮想サービスを構成し、g-dns SE グループにバインドします。

  • DNS 仮想サービスによってホストされるドメイン名の構成(オプション)

CLI から、この仮想サービスによって(すべての Controller クラスタ上で)ホストされるドメイン名を選択するアプリケーション プロファイルを作成します。

: > configure applicationprofile dns
: applicationprofile> type application_profile_type_dns
: applicationprofile> dns_service_profile
: applicationprofile:dns_service_profile> domain_names avi.com
: applicationprofile:dns_service_profile> save
: applicationprofile> save

ユーザー インターフェイスまたは CLI から、この仮想サービスによってホストされるドメイン名を選択するアプリケーション プロファイルを作成します。

ローカル アプリケーション仮想サービスの構成

アプリケーション仮想サービスを通常どおり作成します。たとえば、Controller クラスタ 1 に HTTP 仮想サービス vs-1 を作成し、Controller クラスタ 2 に仮想サービス vs-2 を作成します。

詳細については、仮想サービスの構成を参照してください。

ローカル仮想サービスへの DNS 仮想サービスのアクセシビリティのためのルートの構成

DNS SE は、GSLB サービス メンバーの健全性を監視します。静的ルート(またはデフォルト ゲートウェイ)を追加して、メンバーに到達可能であることを確認します。

たとえば、10.10.25.10(サンタクララ)の場合:

For example, on 10.10.25.10 (Santa Clara):: > configure vrfcontext global
Updating an existing object. Currently, the object is:

+----------------+-------------------------------------------------+
| Field          | Value                                           |
+----------------+-------------------------------------------------+
| uuid           | vrfcontext-fde3b826-b19c-449c-8dec-ddeb119f2498 |
| name           | global                                          |
| system_default | True                                            |
| tenant_ref     | admin                                           |
| cloud_ref      | Default-Cloud                                   |
+----------------+-------------------------------------------------+
: vrfcontext> static_routes
: vrfcontext:static_routes> prefix 10.0.0.0/8 next_hop 10.90.12.1
: vrfcontext:static_routes> save
: vrfcontext> save

+------------------+-------------------------------------------------+
| Field            | Value                                           |
+------------------+-------------------------------------------------+
| uuid             | vrfcontext-fde3b826-b19c-449c-8dec-ddeb119f2498 |
| name             | global                                          |
| static_routes[1] |                                                 |
|   prefix         | 10.0.0.0/8                                      |
|   next_hop       | 10.90.12.1                                      |
|   route_id       | 1                                               |
| system_default   | True                                            |
| tenant_ref       | admin                                           |
| cloud_ref        | Default-Cloud                                   |
+------------------+-------------------------------------------------+
: >