GLSB のアップグレード プロセスには、メンテナンス モードでの GSLB サイトの設定が含まれます。メンテナンス モードでは、GSLB サイトのいずれも GSLB プロセスに参加できません。また、いずれの GSLB サイトも構成の変更は許可されません。

アクティブなフォロワー サイトのアップグレードに使用できる 2 つのモードを次に示します。アップグレード プロセスを開始する前に、次のいずれかのモードを有効にします。

  • メンテナンス モード

  • サスペンド モード(アクティブなフォロワー サイトでのみ使用可能)

GSLB リーダー サイトのアップグレード前の手順

リーダー サイトのアップグレードでは、メンテナンス モードのみを使用できます。

メンテナンス モードの場合、GSLB サイトで構成の変更を行うことはできません。新しい構成を使用するには、すべてのサイトでアップグレード プロセスの完了を待機する必要があります。メンテナンス モードはグローバル設定であるため、すべての GSLB サイトにわたって適用されます。1 つのサイトのローカルにのみ適用されるモードではありません。

詳細については、サスペンド モードの有効化を参照してください。

メンテナンス モード

GSLB リーダーで、REST API または次の CLI コマンドを使用して、GSLB メンテナンス モードを有効にします。

gslb maintenancemode enabled

その結果、NSX Advanced Load Balancer で次の手順が実行されます。

  • GSLB 構成の変更はブロックされます。フォロワー サイトのアップグレード時に、リーダー サイトで GSLB 構成の変更を適用することはお勧めしません。

  • send_interval を 30 分に変更して、健全性モニターのプローブの頻度を減らします。

  • 計算に従って、リモート サイトのキャッシュ状態は時間 T の間はフラッシュされません。

    T = gslb_cfg.send_interval x gslb_cfg.clear_on_max_retries

    この時間の間は、リモート サイトが停止したと宣言されることはありません。

GSLB サイトのアップグレード

最初にフォロワーがアップグレードされ、リーダーは最後にアップグレードされます。

アップグレードの状態は、CLI コマンド show upgrade status を使用して確認できます。

アップグレード後

  1. サスペンド モードのフォロワー サイトを、その特定のフォロワー サイトのサスペンド モード以外に変更します。

  2. アップグレード前の手順でメンテナンス モードが使用されている場合は、CLI コマンド gslb no maintenance mode を使用してリーダー サイトの GSLB メンテナンス モードを無効にします。この手順を実行した後、新たにアップグレードされたリモート サイトは、他の GSLB エコシステムからランタイム状態を構築できます。

  3. 一方、サイトを次のサイトにアップグレードする準備ができている場合、手順 3 は省略できます。

すべてのフォロワーに対して手順 1 ~ 3 を繰り返し、最後にリーダー自体でも繰り返します。

注:

すべてのサイトをアップグレードしたら、Ansible モジュールを最新バージョンに移行する必要があります。

サスペンド モード

サスペンド モードでは、構成の変更は、アップグレードまたはメンテナンス アクティビティに参加しているフォロワー サイトでのみ禁止されています。その他のサイト(リーダー サイトとそれ以外のフォロワー サイト)は、引き続き GSLB プロセスに参加できます。

サスペンド モードでは、GSLB リーダー サイトは構成を受け入れます。構成の変更は、サスペンド モードが有効になっているサイトを除く、すべてのフォロワー サイトに同期されます。エラーや間違った構成がある場合は、特定のサイトにのみローカライズされます。エラーやクラッシュの問題は他のサイトに伝達されません。また、GSLB を使用してホストされているアプリケーションには影響を与えません。アクティブなフォロワー サイトのいずれかでアップグレードやメンテナンス作業を続けながら、アプリケーションにアクセスできます。

サスペンド モードでは、GSLB リーダーでの構成は禁止されません。作成、読み取り、更新、削除 (CRUD) のすべての操作を実行できます。アップグレード後、フォロワー サイトをサスペンド モード以外に設定すると、フォロワーはリーダー サイトからすべての構成を受け取ります。
注:
  • これは、フォロワー サイトにのみ適用されます。リーダー サイトには適用されません。

  • サイトがサスペンド モードを終了すると、すべての構成が同期されます。

  • アップグレード後、フォロワー サイトとリーダー サイト間で 1 回のみ構成の同期が実行されます。