サイト パーシステンス (SP = ON) を使用するグローバル サービスが、デフォルト ポート(80 と 443)またはその他のポート ペアに関係なく、HTTP ポートと HTTPS ポートの両方を定義する場合は、特別な考慮が必要です。

ケース 1:同じグローバル アプリケーションがポート 80 で HTTP を、ポート 443 で HTTPS を公開する

グローバル サービスに参加しているすべての仮想サービスに関連付けられているアプリケーション プロファイルで、http_to_https を True に設定する必要があります。NSX Advanced Load Balancer ユーザー インターフェイスで、次のようにアプリケーション プロファイルを使用します。

図 1. ワンクリックで HTTP-to-HTTPS を有効にできる

ケース 2:同じグローバル アプリケーションがデフォルト以外の HTTP ポートとデフォルト以外の HTTPS ポートを公開する

たとえば、サイト パーシステンス (SP=ON) を持つグローバル サービスに参加している仮想サービスが、HTTP の場合はポート 91、HTTPS の場合はポート 9443 で定義されていると仮定します。

http_to_https ON(ユーザー インターフェイス、CLI、または REST API を使用)のオプション設定に加えて、次に示すように、HTTP ポート 91 が HTTPS ポート 9443 にリダイレクトされるように、参加する仮想サービスごとに HTTP ルールを定義します。

図 2. ポートを定義する HTTP 要求ルールを定義する

ケース 3:HTTP-to-HTTPS のリダイレクトを実行しない

ポート設定がデフォルトの設定(80 および 443)か、他の値かに関わらず、HTTP から HTTPS へのリダイレクトが設定されていない場合、サイト パーシステンス フローは機能しません。