このセクションでは、NSX Advanced Load Balancer ユーザー インターフェイスを使用した位置情報ベース アルゴリズムの構成手順について説明します。

NSX Advanced Load Balancer ユーザー インターフェイスを使用して Geo-DB を構成するには、次の手順を実行します。

手順

  1. [インフラストラクチャ] > [GSLB] の順に移動して [Geo ファイルのアップロード] タブを選択し、必要な位置情報プロファイルに含める候補となるファイルを選択します。
    プルダウンで選択できるファイルの形式には注意してください。ファイルには場所(IPv6 アドレス)を含めることもできます。

  2. アップロードする Geo ファイルを指定します。位置情報プロファイルを作成するには、[インフラストラクチャ] > [GSLB] > [Geo プロファイル] の順に移動します。
  3. [作成] をクリックして、Geo プロファイル エディタを開きます。

    プロファイルに名前を付けます。以前にアップロードしたファイルを 1 つ以上指定します。各ファイルの優先度を 1(最低)から 100(最高)までの値で指定し、サポート対象形式のドロップダウンからファイルの形式を選択します。NSX Advanced Load Balancer は、指定されたアドレスやアドレス範囲の場所を特定するときに、優先度が最も高いファイルから検索し、優先度が最も高いファイルのエントリを選択します。