このセクションでは、GSLB の DNS 構成手順について説明します。

カスタム DNS アプリケーション プロファイル

必要に応じて、DNS 仮想サービスを定義するときに参照されるカスタム DNS プロファイルを作成します。

詳細については、「アプリケーション プロファイル」トピックのDNS プロファイルセクションを参照してください。

DNS 仮想サービス

NSX Advanced Load Balancer では、DNS 仮想サービスを IPv4 VIP、IPv6 VIP、またはデュアル VIP で構成できます。

[アプリケーション] > [仮想サービス] の順に移動し、[仮想サービスの作成](詳細設定)をクリックします。

DNS に関連付けられた構成タブについては、以降のセクションで説明します。

設定

  1. [プロファイル] セクションで、[アプリケーション プロファイル] のドロップダウン リストからデフォルトまたはカスタム DNS プロファイルを選択します。

  2. System-UDP-Per-Pkt など、[TCP/UDP プロファイル] でネットワーク設定に適したプロファイルを選択します。

  3. [サービス ポート] セクションで、[サービス] フィールドに「53」と入力します。



[プール] セクションで、ドロップダウン リストから関連する IPv4、IPv6、または IPv4 + IPv6 プールを選択するか、 [プールの作成] をクリックして新しいプールを構成します。 [サーバ] タブに移動して、IPv4、IPv6、または IPv4v6 メンバー情報を入力します。